人気ブログランキング |

io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

ニコラ家@中華レストラン

もうおとといのことですが、姑の熱い要望により、中華料理プラスお寿司を食べられるレストランに行って参りました。

まずお店の外のメニューを眺めること15分、姑は何を食べようか迷いまくり。
中に入ってメニューを眺めること20分。まだ迷っています。
そしてやっと注文して、ほっと一息。

テーブルの上の箸置きを見て、
姑: 「やーん、これ家に持って帰ってもいいのかしら?」

いいわけがございません。

そしてその時初めてお箸を使うことになった義父母。
割り箸の袋の裏に書かれていたイタリア語の説明を熟読する姑。
姑: 「親指でお箸を...親指って何?」

いえいえ、親指は親指です。

料理がくるのを待っている間、ひょんなことから日本の野菜の話に。
日本の野菜はイタリアの野菜に比べてとっても大きいですよねー。
姑:「大きいってどういうこと?」
夫:「例えて言うなら、普通のネコとウチのネコの大きさくらい違うってことだよ。」
姑:「ああ、なるほどね。」

普通のネコの3倍くらい、ニコラ家のネコは太っているのは事実ですけど。
ネコに失礼です。

料理が運ばれて来て、食べながらも姑の盗まれた自転車の話に。
姑:「まだあの自転車のこと思うと胸が痛むのよー。」
夫:「もう20回くらい盗まれてるんだからいい加減慣れろよー。」

ええ? 初めてじゃあなかったんですか? そんなに盗まれてたなら確かに...
同じ型の自転車を見に行ってもやっぱり 「彼女じゃなきゃ」 という姑ですが、自転車盗まれ歴は長いようです。

私たちの会話をよそに舅はお箸と格闘中。
しかし発狂したのかいきなりご飯を手づかみで食べ始めたんです!!
サッカー選手だったから足元は器用でも手元はダメ?

ようやくデザートの時間が訪れ、姑はメニューと再度格闘した果てに店員さんを呼びました。
店員さん:「お決まりですか?」
姑:「...忘れました。」

なんとなくで注文した揚げたフルーツにハチミツがかけられたもの。
それを食べた二人が声を揃えて言いました。
姑、夫:「遊園地で売ってる揚げたお菓子の味にそっくり!!」

確かに油っぽい味がしましたけど、ね。

このレストランの油アブラした料理に胃はもたれ、姑率いる家族のコテコテした会話に笑い疲れた夜でした。

いつの間に週1回家族で外食するのがお決まりになったんでしょうか...

今日のノヴァーラは冬晴れのいい天気です。
f0173324_22355590.jpg

by ioscelgonoi | 2009-01-29 22:36 | FAMIGLIA, AMICI - 家族