io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

チューリッヒる


f0173324_2133558.jpg

友達に会いにチューリッヒに行ってきました。


2年前にジュネーブに行って以来のスイス。

f0173324_2154840.jpg

3年ぶりの感動の再会の後、オシャレなデパ地下を探索。

f0173324_2163038.jpg

ブラブラ歩いていたらこんなことしている人たちのヒマさがうらやましくなったり。

f0173324_218868.jpg

イタリアとは全然違う雰囲気だなあと実感したり。

f0173324_21101564.jpg

各階表情が違う超おしゃれカフェに連れて行ってもらったり。
(慌ててこっそり撮ったのでボヤケていてすみません)

f0173324_21114850.jpg

ウィンナーに遭遇したり。

f0173324_21121673.jpg

牛に遭遇したり。

チューリッヒはこれまた8年前にチョロリと別の友達とふらついたことがあるだけで、こんなにカワイイ街だったことを覚えてませんでした。

ミラノにはない、ありきたりのブランドを扱っていないお店たちの個性的なステキさが伝わってくるところでした。
f0173324_21391238.jpg




ここまでが、ええ、これがチューリッヒの良き想ひ出なんですが、実はこれ・・・

スイスの鉄道会社のキッレイーな電車を1週間前から想像していた勝手なワタシ。
罰当たりますよね〜、昨日ワタシを待っていたのは当然イタリアの鉄道会社の汚れた電車・・・

さらには、行きの電車がイタリアとスイスの国境でムダに20分遅れ、さらにはスイス国内の快速列車の代行便になったワタシの乗る電車は40分遅れまして、チューリッヒには予定より1時間遅れて到着。

だって線路の横の道路を走る車にビュビューッと追い抜かれる早さじゃあねえ、抜かれるってもんです。

すでに帰りがコワかったところ、予想はもちろん外れず、帰りも20分遅れてミラノに到着。
ノヴァーラ行きの電車を見送り、帰宅したのは夜11時。

ミラノに着く前に車掌さんに「ノヴァーラ行きの電車に乗り換える予定ですけど間に合いませんわな?」、と聞いたら「次の電車がありますから。」、つまりアンタごときを待つわけないのよ電車わねえ、とパックリ斬られました。

そのウワサの電車1時間後に出る予定でヒマだったので、お客様窓口のようなところに行きの電車の払い戻し申請(特急電車が1時間以上遅れると料金を払い戻してもらえるとのあくまでウワサ)の用紙をもらいにいったら
電車が遅れたせいで乗り継ぎの、さらにはその日最終の電車に乗り遅れた女性がワンワン泣いてました(汗)。

ワタシが「帰りもそうだけど行きはもっと電車が遅れたので、例の用紙をください。」と申したら、「1時間1分の遅れから申請を受けつけるから、1時間ごときの遅れじゃあ申請できませんよ。」と答えられました。

今月も定期の料金上がったし、昨日は13時間 Trenitalia の電車に軟禁状態だしで頭に血が登ったワタシはお決まりのフレーズを口にしてその場を去りました。

チューリッヒに電車で行かれるみなさん、飛行機に乗られた方が早いかもしれません。


余談ですが、ワタシはスイスに行くと必ずパンを買う変わった癖がございます。
今回も買ってきたんですが、そのバゲットがカタくて夫がアゴを砕くところでした(汗)。
[PR]
# by ioscelgonoi | 2012-10-02 21:41 | VIAGGIO - 旅

電気料金とワタシ


ここ2週間、木曜日に「Pechino Express」という番組をみて、8年ほど前に行ったインドを思い出しています。
ちょっと有名な人たちがバックパックを背負ってヒッチハイクでインドを旅していて、昨日はタージマハルにたどり着いたんです。

やー、インド。
今まで行った国の中で唯一「日本にもう戻れないかも」という恐怖心をあおってくれたところでした。
一番の想い出は電車の一等車でミルクティーが水筒に入って出てきたのと、夜行列車に乗って現地の人からサイババの話を聞いたことです。
ガンジス川を見たことも印象に残っていますが、もう一回行ってきてと言われたら迷わず思いっきり躊躇いたします、ハイ。


ところで4月にこの家に引っ越してきてから以前よりも2倍の電気料金を払っていたワタクシたち。
大した額じゃーないんですが、家にはほとんど誰もいないし電気なんてあんまり使わないのに、以前この家に住んでいた建築一家と同じくらい料金を請求されていたのでこりゃーおかしい、ということになり夫が家の中にあるメーターを見たところ、電力会社が請求書に表示してきたものの半分の数字が出ていました・・・

4月に夫の名前でこの家の電力供給の契約を書き換えて、その後センターから自動的にメーターの数字をチェックしてもらえるように新しくメーターを付けたのに・・・
ま、請求額は以前の建築家の方のものと同じ、つまり、メーターの数字なんて読まれてなかったっちゅう訳です。

適当な請求額を払っていたワタクシたちのちょっとした抗議により、当然謝罪なんてなくってしばらくは電気代を払わずに済みそうです。


やれやれ、次の請求書は一体どうなることですやら。
[PR]
# by ioscelgonoi | 2012-09-21 22:24 | ITALIA

オーフィオレンティーナ

f0173324_2126536.jpg

3連休ができたので、1泊2日で夫とフィレンツェに行ってきました。

番気ラーメンさんは夏期休業中でまたしてもラーメンは食せず(夫密かに喜ぶ)・・・
でも今回は念願の GUCCI カフェでランチを。
f0173324_21264813.jpg


f0173324_21273861.jpg

こちらワタクシ初のセリエ A 観戦。
ミランではなくフィオレンティーナですねんけど。
ファンの方達の応援がスゴかったです、超まとまっている感じ。


2日目は大雨の後 Piazzale Michelangelo に行きました。
f0173324_21284790.jpg

何回も歩いたことのあるはずの道が悪魔のように険しくてですね・・・(汗)
歳を感じました、ハイ。


穏やかに過ぎていった1泊2日の締めくくりは、italo の電車です。
f0173324_21292923.jpg

計画性のない私たちが、出発の2時間ほど前に trenitalia のチケットを買おうとしたら、2等席はすべて売り切れで、焦ったところで目に入ったのが italo のマーク。

ミラノまで2人で10ユーロ高いだけで、しかもキャンセル不可能の条件で同料金で1等車に乗れたりして。



f0173324_2130587.jpg

ミラノとノヴァーラから脱出したかっただけですけれど、フィレンツェはやっぱりいいところですねえ。
f0173324_2131311.jpg

ミラノに近付いてショックで無口になるワタシと、家に帰れるうれしさで微笑み続ける夫・・・

今度はロンドンでチェルシーの試合を観戦するのが目標です!!

f0173324_21322050.jpg

[PR]
# by ioscelgonoi | 2012-08-27 21:34 | VIAGGIO - 旅

発熱アゲイン


暑さと電車の北極並みの寒さにもまれる生活をしていたらある日突然熱が出ました。
んでもって熱はすぐにひいたのですけれど、のどの調子がまだイマイチ良くないと思っていたら今度はセキですわ。
夜になるとコホコホコホ連発してます。

以前から思い出したようにたまに熱がでるクセがあります。
イギリスに留学していたときもある日突然39度後半の熱が出て、その次の日に行く予定だったカンタベリー旅行を断念しないといけないと思っていたら、ベネズエラ出身のホストメイトがくれた薬で奇跡の回復を遂げたワタシ。
そのクスリったら一円玉くらいの大きさで、口に入れるまで5分くらい見つめてました。
こんなの飲んだら死んじゃうんじゃないかと思ったんですが、結果はその逆で数時間後にはシャワーを楽しめるくらいに元気でした。

でも今でも一体何のクスリだったんだかかなり謎です。


みなさん、疲れと風邪にはお気をつけを〜〜〜〜〜!!
[PR]
# by ioscelgonoi | 2012-07-14 21:03 | ME - 私

ノスタルジアとイス


先日ロンドンの親戚に会いに行くと言った同僚にとあるモノをお願いしました。

それがコレ。
f0173324_19514856.jpg

エリザベス女王即位60周年記念のカップです。
実は女王がサングラスをかけているもうちょっとポップなものが希望だったのですが、いやいやこのカップでもありがたい!

女王の即位50周年記念の時にはワタシはイギリス留学中で、連休を利用してイギリス南西部を友達とレンタカーで旅行中でした。
スイス人の友達の運転でしたが、かなりノロ〜っと走られ、目的地にたどり着けなかったというオチ付きで・・・
でもストーンヘンジを見たり、B&B に泊まったり、今でもかなりいい想い出で、もうあれから10年経ったんだなあとしみじみしてました。


ところで、ですよ。
「遅くても2週間で着きますよ〜。」と言われていたキッチンのイス、たった2ヶ月遅れで届きました!!
f0173324_19523185.jpg


で、イスを運んできてくれた方がですねえ、組み立てもしてくれようとしたらしいんですがねえ。
1脚につき30分かけていたそうで(脚の部分はすでに組み立てられていてネジを4つ付けるだけなのに)・・・
夫が「もう自分たちで組み立てますからいいですよ。」と言ったら、「ボクはかかった時間でお給料もらうのでそれじゃー困ります。」と答えられたそうでねえ。
2時間かかったと報告したらいいじゃーないですか、と伝えたらすんなり帰っていただけたようです。


そんなこんなでようやく落ち着いてキッチンで食事ができるようになった我が家です。
そして11日に4回目の結婚記念日を迎えました。
何年かぶりの夫の歯痛で特になにもなかったんですが、私たちらしくってそれもよかったです。
(Cさんメッセージアリガトウございました!覚えてくれていたなんて!!)


それではみなさん6月の暑さに負けずにお元気で!
[PR]
# by ioscelgonoi | 2012-06-15 19:53 | ME - 私