io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

明日からまた仕事


今日で悲しいながら9日間の休みが終わってしまいます・・・

もともとは2週間の休みを取ってニューヨークに行く予定だったのですが、引っ越しが進まなかったのと、キッチンが届かないのと、引っ越しと旅行の準備とを並行して進める時間が私にはなかったのとで、ニューヨーク行きはなしにして、休みも9日間に短縮してもらいました。


ああ、ニューヨーク・・・


今日は IKEAで買った家具を組み立ててみたのですが、ねぇ。
イタリア人と組み立てるっていうのもねぇ。
2、3分私が説明書を見ているに夫はすでに飽き飽き状態で、i Touch でネットを検索する始末。

なのに組み立てた後は、「ボクがいたから組み立てられたんやしな。」的な顔をされましたの。


引っ越しがいつ終わるかまったく検討もつきませんが、マイペースにがんばります。
はぁ。
[PR]
by ioscelgonoi | 2012-03-26 22:21 | ME - 私

ヴェニスる


f0173324_23381654.jpg

ヤミに日曜から9連休をとっておりまして、引っ越しなどなどのドタドタの中、一泊2日でヴェニスに行ってきました。

今回の私のほぼ唯一かつ最大の目的はコチラ。
f0173324_23472787.jpg

行ったことのなかったブラーノ島にゆくことでした。

f0173324_23491284.jpg

今までに見た中で一番カワイイ、フライもののお店。

f0173324_23502438.jpg

イタリア人がつくったとは思えないほど直線的なおウチ。

f0173324_2351522.jpg

惜しみもなく洗濯物のご披露。

f0173324_23532013.jpg

しつこいですがいちいちカワイイ島でした。

f0173324_23541575.jpg

今回の滞在先はなぜかリド島。

f0173324_2357669.jpg

ヴェニスの本島(?)ではゴンドラの大渋滞。
(ワタクシ、9年ほど前に30分で一人40ユーロを払わされて乗った記憶が。)

f0173324_23584866.jpg

何度見ても飽きない風景。

f0173324_2359303.jpg

お父さん、ニコラとオソロイでゴンドリエーレのシマシマ Tシャツ欲しかった?


やー、観光するのも疲れますねえ。
これまたしつこいですが、ミラノにはないゆったり時間がフィレンツェだけではなくヴェニスにも流れているのをかんじました。


f0173324_02454.jpg

観光するには最高な国です、ハイ。


いい証拠に12日到着予定のキッチン、そろそろ2週間ほど遅れてます・・・
[PR]
by ioscelgonoi | 2012-03-25 00:04 | VIAGGIO - 旅

ATM にしてやられる


ぼちぼち、や、イタリアでぼちぼちといえるくらいですのでかなりスローに新しい家に引っ越す準備をしている私たち。

昨日はミラノのIKEAになんと電車と地下鉄、バスを利用してエコに行ってきました。

バスを降りてからIKEAに着く前に私の目に飛び込んできたもの・・・
それは雑誌でいくつもカワイイものを発見していた Maison du monde のお店でした。

そこに入り込んだが百年目。
IKEAに行くのが目的だということも忘れて「これカワイイ、でもアレもカワイイ。」の連発。


しかしまた今度こようと自分で自分を説得していざIKEAへ。


で、IKEAで買い物後(大したことないので省略)、悲劇は起こったのです。
ええ、悲劇が。


Urbano のチケットでバスに乗れると思い込んでいた私、自分の定期券と、夫は urbano のチケット、これで帰りのバスに乗り、地下鉄の駅に着いたら・・・

そこには検査官(?)がおられましてですねぇ。
「Urbano のチケットじゃーこのバスには乗れませんよ、extra urbano のチケットが必要です。」
「定期券を持ってるのにこんなことも知らないなんてねえ。」
なんてことをチクリチクリといわれ、罰金は一体いくらなのかと聞いたところ・・・

『一人51、5ユーロです。』

夫は相変わらず穏やかでしたが、ワタクシ、思わず、イタリア語のカワイくない一単語を発してしまったもんです。

検査官たちは順調に(こういうところだけ)罰金の手続きを進め、私たちは現金で罰金を支払いました。
すべてが終了してレシートを受け取ったところ、
「グラッツェ。」
なーんて夫が思わぬ言葉を発したので、ワタクシ、
「なーにがグラッツェやねん!」
と検査官たちがいるところで言ったら、
「や、prego (どういたしまして)やったな。」
と答えた夫。


やー、やー、そりゃー私たちが悪いっちゃー悪いんですが、103ユーロ、100ユーロにまけとくわな、とかいう容赦もなかった変なところで律儀なイタリア人・・・
「このバスの乗車には extra urbano のチケットが必要です。」って書いといて〜〜。


その後一晩中「103ユーロ」が悔やまれて、昨日の朝新しく買った SAMSUNG のこれまた白のテレビも40インチですが、私には見えていませんでした。
そんな私の隣で 3D の眼鏡をつかってテレビを無邪気に楽しそうに見ていた夫。


イタリア人、たくましいです。



今日の教訓:イタリアでは特に表記がない場合でも危険がいっぱい。
      他人の言い訳はものすごく通用するが自分の言い訳は絶対に通用しないので
      何か初めてする時には石橋を叩き割るくらいの慎重さが時には必要。



103ユーロかぁ・・・
[PR]
by ioscelgonoi | 2012-03-09 20:45 | ITALIA