io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イタリア人に学ぶ

どうもどうも、外反母趾初心者のワタクシです。

これといって書くネタが多過ぎたり、実はあんまりなかったりするのですが、とにかく元気に仕事しております。

昨日は同僚がバナナマフィンを作ってワタクシだけに持ってきてくれたり、違う同僚がバナナ味のチョコレートを持ってきてくれたり、バナナに縁のある日々でした。
(ドイツ語でバナナって「バナーネン」っていうんですねえ。オモシロイ・・・)


イタリア人、やっぱり大スキです。
こう、日本人とはどちらかというと性格が正反対なところがまた逆に合うと申しますか。


しかし先週の土曜日の大雨で道路が陥没して、私が出勤するのに使っていたミラノの地下鉄の1路線の一部が不通になってしまいました。
やや、陥没なんて日常茶飯事のイタリアにも笑っちゃいますし、この路線が一体いつ運転を再開するのか、まーーーーったく想像のつかないあたりも憎めません。


夫は私に「その路線、いつ使えるようになるわけ?」と聞いてきますしねえ。
31年間イタリア人やってみて、まだ自分の国のスローさを実感していない、もしくは毎回実感しているけど毎回キレイに忘れることのできる、そんなイタリア人らしさ、勉強になりますわー。


いちいち気にしていたらダメ、ブツブツ文句は言うけどあくまでポジティブに生きる。

ずーっと不況ですけど、まだまだなぜか G8 のメンバーとして生き残っているイタリアの真髄がそこにある気がいたします。



イタリア人、ありがとう。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-09-22 18:23 | ITALIA

負傷とシャレ宅

先日 F1 がイタリアのモンザで開催された時、土曜日の予選を見に行ったのですがねえ。

途中で居眠りいたしておりました、ワタクシ。
「ここまできて寝るなんて信じられないよー。」とあきれ果てる夫をシリメにうっとうっと舟を豪快にこいだ日本人は私です。


そして今日!!
仕事が休みでノヴァーラでの用事をこなそうと歩いていたら、マンホールのフタが突出していたのに気付かず、勢いよくそれを左足の親指で蹴ったのもワタクシ。

あまりに痛かったので100mほど歩いて靴を脱いでみたら、親指の爪の上部3分の1くらいにヒビが入って血がにじんでいるじゃーありませんかああああああ。

歩くときは下を見て歩かないといけませんねえ。
しかもバレエシューズは危険ですねえ。


居眠りしたのとマンホールと一門着あった以外の最近のワタクシはというと、とあるイタリア人女性の家におジャマして、そのお宅のあまりのオシャレさに絶句いたしました。
同系色でまとめるとオシャレに見えるのは当たり前ですが、彼女のお家は色んな色をとりこんで、なおかつ超オシャレ感があふれるステキさ。

ああいうセンス、うらやましいわ〜。
無難な色でまとめてスッキリ見せようとするくらいしか私にはできませんから。


秋、いろいろと刺激を受ける季節です。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-09-14 21:08 | ME - 私

シロ

かれこれ一年くらい悩んだあげくの果てに・・・

ついに一昨日新しくテレビを買いました!!
私が唯一主張したのは「白」。
なもので最終的には Samsung の白いテレビに決定。

しかしあれですなー。
このテレビのハイテクさには夫婦でビックリさせられてます。
なにかにつけ、「へえ。」「ほお。」「はは〜ん。」を連発。
夫は「テレビの世界に自分が入ったみたい!」なんてかなり大げさに喜んでいます、ええ、大げさに。


そういえば今週土曜日また F1 を見に行ってきます。
昨年のみたいに雨が降りませんように。


明日はミラノで Vogue 主催の Notte Bianca があって、モンテナポレオーネ通り付近のブランドもののお店が夜遅くまでオープンしているようです。
でもまたどうして木曜日に?


f0173324_20462349.jpg

ムラサキも最近ハマっているんですよねえ。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-09-08 20:53 | ME - 私

モヤシとグミ

もう9月ですねえ。

最近のワタクシたちは以下のようでございます。
ワタクシ:モヤシの缶詰(日本のようなモヤシにはまだノヴァーラでは出会えず)にハマる。
夫:姑が買ってきた HARIBO のグミにハマる。私に隠れてニコ食い(大食い)する。
  もちろん鼻にも入れる。


さて、グミに関してなんですがね。
さりげなく、「イタリア語でグミってなんっていうわけ?」という質問を夫に投げかけた私。
すると、「Caramelle だよ。」という拍子抜けする答えが返ってきた訳です。

caramella (e) って飴にも使えば日本人の私からしてみれば「それは飴の定義におさまりませんから」、っていうものまでにも使われる、イタリア語らしいなんにでも使える単語。
それをさらにグミにまで使おうっていうイタリア人の面倒くさがりや度に疑問を感じません?

しょーうもないことには何十通りも言い方があるのにねえ。

なので「グミまで caramelle ってことはないんちゃう?」とさらに突っ込んだ質問をした妻に、ハリボの容器を観察した夫は答えました。
「正確には caramelle gommose っていうらしい。」

つまりは「ゴムっぽい飴」・・・
スゴい!このイタリア人の表現力の、割り箸よりもストレートなところに感動します。



そんなイタリア語にハマって早何年か経ちますが、受けるのが面倒で今年6月になってようやく受けたイタリア語のテスト CELI 3 に合格していたことを一昨日知りました。

f0173324_18323629.jpg


すっかり秋メイタお天気に恵まれたノヴァーラでした。
(写真はジュネーブですけど・・・)
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-09-02 18:38 | ME - 私