io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

上ミラーノ

天気予報に大いに反してとってもいいお天気だった日曜日。

お昼にいきなり決めてドタバタとミラノに行ってまいりました。

目的は「5月にあるスイスの友人の結婚式で着る洋服を買うこと」。
ノヴァーラは小さい街なので、それより都会なミラノではきっとステキな洋服が見つかるに違いない!という超単純な考えに基づいてミラノに行ったのですが。

最終的には全然気に入る服が見つからず、足の筋肉痛と共に帰宅。
私はやーっぱり日本の服のほうが500倍くらいスキです。

しかし!
大都会ミラノではノヴァーラでは目にできないようなものをたくさん見て少し興奮。
まず、イタリアの高級車、マセラティ(イタリア語名は微妙に違う)を2台も目撃。
さらにはフェラーリのオープンカーも1台目撃。
低いエンジン音がまあ何とも言えませんでした。
あんな高級車が石畳の、しかも穴だらけの道を走ってタイヤは大丈夫なのか、心配でしたけど〜。

そしてこんな芸人さんをミラノのチェントロで発見。
f0173324_21535785.jpg

ミイラのマネして全く動かない芸人さん、楽器を演奏する人、そんな人がほとんどの中で今までこういう芸を披露する方、見たことありませんでした。
芸といいましても、風になびいているようなネクタイを付けた方が歩くマネをして立っているだけなんですけど、アイデアが大事ですよね、アイデアが。
f0173324_21542254.jpg

イタリアの有名人、Fiorello と Morgan を足して2で割った感じの芸人さん。
たくさんの人に囲まれてました。


日曜は超暖かくって夫はすでに半袖。
私も長袖一枚で汗かいてました。
f0173324_2154434.jpg

ああ春・・・なんて思っていたら今日は涼しい上に雨。
でもワタクシ知ってるんですよ〜。
「夏は本当に夏がやってくるまでは恋しい。でも本当に夏が来たら迷惑。」(姑談)
っちゅうことを。
夏の青空、恋しいですけど、暑いし蚊は飛ぶし。

春の気まぐれな天気を楽しんでみよう、そんな3月30日でした。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-30 21:58 | ME - 私

マイコル

今日はまたしても新たなマイコルくんに出会いました。

先生にマイコルってどう書くんですか?と聞いたら、「Maikol」と書くのよ〜と教えてくれました。
このマイコルくんの場合、イタリア語のアルファベットにはない K を使うことでちょっとしたオリジナル感を出しているそうです。

先日行った小学校では「Bryan」というイタリア人の男の子もいたりしてですね。
イタリア人の名前もなんでもありか〜とつくづく思う日々です。

女の子では「Sharon」とかいますしねえ。

今週もどっぷり子供たちとふれあいましたが、来週からいくつかの学校は選挙の投票所として使われるためお休みになり、さらには4月1日から11日まではほとんど全ての学校が復活祭のためにお休みなんだそうです。
なので私も必然的に休みです。

北イタリアではお天気がパッとしなさそうですが、みなさんよい週末を〜!!
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-26 22:10 | ITALIA

ワタクシ的スキャンダル

毎日平均して1時間は歩いているのに、さらに太ってきたワタクシです。
なぜ?なぜ?という思いをストレートに夫にぶつけたら、
「歩きまくっているから筋肉付いたんだよ、筋肉!」
という男性らしい答えが・・・

筋肉なんて要らないから、痩せさせてぇぇぇ〜〜〜。


さて、イタリア語っちゅうもんは英語よりよーっぽど複雑で、適当なイタリア人がイタリア語をまがりなりにも話しているっていうのは奇跡だ、と私が思っていることは何度もお伝えしてきたのですがね。

昨日も私の中で「イタリア人はイタリア語を知らない」論がさらに裏付けられるような場面を目にしたのです。
それはテレビニュースのレポーターを中心に R の発音がおかしいイタリア人がたくさんいる、とかそういう付録的なことではなく、イタリア語の根幹に関わる部分でのイタリア人の勘違いでござりました。


それは職場で起きたことでした。
ここ最近、私、イタリア男子20歳にひらがなを教えておりまして。
そのイタリア男子が私が日本人らしく勤労している間に、ワタクシお手製の「ひらがな表」を使ってとある文章を作りました。

「△△△(私)é ぺっしま いんせにゃんて。」

つまりは私は最低の先生だ、というイタリア語の文章をひらがなで書いただけなんですが、問題はその意味にあるのではなく(や、それもけっこう問題・・・)!!
このイタリア人男子が é という文字を私の名前のあとにもってきたことにあります!

イタリア語を学習されたことのある方なら絶対に学ばれたことだと思うのですが、動詞 essere の活用は、
io sono
tu sei
egli è
noi siamo
voi siete
essi sono
これは揺るがないイタリア語の規則ですわよね?
なのにこの男子は è を使うべきところで é を使いよった!

ワタクシ正々堂々と突っ込ませていただきました。
私:「間違ってるじゃん、é じゃなくって è でしょう?」
イ男:「é が正しいんだよ、北イタリアでは è はほとんど使わないよ。」(自信満々)
この言い訳もいかがなものかー!!


私の知る限りでは、やや開いた感じの発音の「é」 を使うのは perché や affinché などの時で、essere の三人称単数の活用形はすべてやや閉じた感じの発音になる「è」 を使うというのが鉄則だったのですが・・・

でもねえ、驚くべきことに é の間違った使い方をするのは彼だけじゃあなかったんです。
それは以前とあるイタリアの旅行会社のサイトを見ていたときのこと。
そのサイトでは è であるべきところがすべて é で書かれていたのです。
その時以来私の意識の中で「なんでやねん。」という思いがありました。

まさかその疑問に昨日再び出会うとは・・・

帰宅して夫に聞くと、
「イタリアの歴史が始まって以来そういう(どうでもいい)疑問をもった人、初めてなんじゃない?」
から始まって、
「è と é の違い?どうでもいいんじゃない?」
と展開して、
「ボクはアクセント苦手で存在意義も分からないけど、今まで間違いを指摘されたことはない!」
と開き直って終わりました。

夫は間違って書かないことは知っていたのですが、無意識に書いていたとは。


やあ、私一人で鼻息荒くなっちゃった一日でした。
matterello(めん棒)をほとんどのイタリア人が mattarello と書いて「マッタレッロ」と呼ぶこと以来の衝撃。

しゃべらせれば一人で何時間でも話せそうなイタリア人たちなのにねえ。
文法はごくごく簡単なものを無意識に日々愛用し、こだわらない、これが私の「イタリア人的イタリア語」の印象です。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-26 01:14 | ITALIANO

ノンニーナ

今日は自分の英語のあまりに見事な忘れっぷりに2度、大ショックを受けました。
1度目はナイジェリア人の人のアクセントが分からず、2度目は自分の実力に岩で頭を打ち付けたくなるほどへこみました。


それはさておき、1ヶ月ほど前に骨折したノンナを覚えてらっしゃいますか?
夫は「ボルトで固定されてるからもう左足が折れることはないねえ。」なんてお気楽なこと言ってますが、週3回のリハビリを自宅でがんばるノンナ。
一番の問題は意外なところにあったのです。

2週間ほど前に姑がノンナの家に行ったら、叔父と叔母とノンノ、ダイの大人3人がキッチンでご飯を作っていたのだそうですが・・・

すでにノンノが料理をしようとしていた時点で大問題なのは明らか!
当然この日もノンノはパスタを1キロ一気にゆでちゃったそうなんです。
理由は「一気にたくさんゆでちゃえば数日間ゆでる手間が省けると思った」。

ついでに叔母(料理は苦手です)は、水と牛乳を温めたところに入れて混ぜるだけのインスタントのジャガイモのピューレを使いつつも、何を思ったかジャガイモのスープを彷彿とさせるシャッバシャッバなピューレを作ってしまったのだとか・・・

叔父は叔父でふっしぎ〜なものを作るそうですし。
ちなみに叔父の自称得意料理はギリシャ料理。
昔ギリシャの女の子に会いにギリシャまで行き、その方に捨てられた経験アリ。


ノンナはバスルームと寝室のある2階で過ごしているので1階にあるキッチンで料理はできず、3人が料理したものを食べるしかないという想像するだけでも胸焼けのする日々を過ごしています。
「餓死するか、マズいもの食べるかの究極の選択なのよ。」と電話でグチってました。

姑は姑で、
「あの家で一番いけてないと思ってた母親が実は家族で一番しっかりしていたなんて、私の家族ってすごいわよねえ。」
とズバッと本当のことを言ってました。

私も骨折なんかして夫に料理されたら大変困りますので、十分気をつけたいと思います!
いや、いいダイエットのきっかけになるかも?
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-25 01:09 | ME - 私

声が全く出ませんねん

ここ10分くらいで急激に晴れてきたノヴァーラです。

昨日の夜から本格的に声がおかしくなってまいりまして、今朝は急遽、欠席したイタリア人の代わりにこのワタクシがイタリア語のレッスンなんて1時間半もしちゃったもんですから、声が・・・
もう出ませんのや〜〜。
文頭はガラガラ声がちょっと出ても、文の最後のあたりはささやき声になっちゃうんです。
というか、もはや私の口を読んでください状態です。

そうでもなけりゃあしゃべり倒すのにー。

一緒に働くイタリア男子には、私の声が出なきゃー怒鳴ることもできないから、夫はさぞかしよろこんでるんだろうねえ、と突っ込まれました。

こんな無声映画の主人公(すんません)のような私に、昨日ちょっとした、けれど最高にうれしいことが起きたんですー!!

それはとある学校の放課後の活動に行った時のこと。
ドミニカ出身の女の子が私に、と手紙をくれました!
「△△△(私)へ」とまあカワイイ字で書いてくれてあり、それだけでも大興奮。
(あ、ちなみに私の名前は惜しくもちょっと間違っていましたが全然気にならず。)

何が書いてあるんだろうとドッキドッキしながらその手紙を開くと・・・
ドラゴンボールの悟空の絵がー!!

f0173324_22265594.jpg
先週モロッコ出身の男の子が悟空の絵付きトレーナーを着ていたのを見て、私が小さい頃悟空が大スキだったとかなんとか、ムダに熱弁を振るっていたのをこのアニーちゃんは覚えてくれていたらしく、ほなら日本人のおばはんに、とわざわざ悟空の絵を描いてきてくれました。

子供の描く絵ってこう、無条件に私の心をわしづかんでくれます。
やー、大スキです。
一人で倒れそうになってましたから、昨日も。



昨日は今コチラで男の子に人気の BEN 10 というアニメについてモロッコ男子と話していたので、来週は誰か BEN 10 の絵を描いてきてくれたり・・・しませんよねえ。
注:私は子供たちとすぐに打ち解けるきっかけを作るためにけっこうアニメをチェックするようにしてます。










そうこうしているうちにもうあと2週間ほどでパスクワ(復活祭)ですねえ。
今年はどうかノンノが消費期限の切れたタマゴでオムレツを作ってくれませんように!!
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-23 22:29 | ME - 私

声があんまり出ませんねん

土曜日から断続的な雨にやられちまっているノヴァーラです。


金曜日の夜はもうアカン〜と思っていましたが、土曜日には微妙に回復し、Mercato Europeo と Degusto Novara という2つのイベントを見に、歩いて5分ほどのチェントロの入り口に行ってまいりました。

あいにくの雨で二人ともさらに視力が低下してあんまり何を見ているのかも分からず、さらには私は病み上がりの雰囲気を出しまくり、夫もどこか元気がなく、Degusto Novara の会場の受付に座っていた姑(彼女も目が悪いので私たちに始めは気付いていなかった)に「ちょっと〜ゾンビみたいね、二人。」と突っ込まれつつ会場を1周。

何を見たのか覚えてません・・・

しかし Degusto Novara はノヴァーラ近郊の名産品を売る食のイベントでした。
主に売られていたのはお米とワイン(日曜日に確認)。

さらに金、土、日の夜にはノヴァーラ周辺の有名シェフたちの共演によるディナーが催されていました。


次に Mercato Europeo を見に行くと、半分以上がイタリア、あとの半分はヨーロッパ各地の食べ物や名産品を売る露店が出ていました。
なぜかタイ料理を売る露店が若干1つ。
f0173324_230453.jpg

アイルランドのお店で「Thank you! Good bye!」とアイルランド女性に言われて微笑むイタリア人のおじさんあり、ベルギーワッフルのお店でイタリア人店員がベルギー人店員に「どこから来たの?」とイタリア語でどういうかレッスンしていたり、微々たるインターナショナル感を味わいました。
そこでベルギーワッフルを食べたい!と思ったワタクシ、ワッフル嫌いの夫にしかと抑止されました(泣)。


土曜日はこうして力なく過ぎていったのですが、日曜日の午後は雨が止んでですねー。
お昼にドイツのソーセージを食べることを楽しみにしていた私は、迷うことなくドイツ系の露店に向かい、迷ったあげくの果てに半分投げやりで選んだのがコチラ。
f0173324_22593379.jpg

ソーセージと不思議に調理されたジャガイモと、パンとクラウティ。
クラウティは夫が全部パンにはさんで食べてくれました。
クラウティよりワッフルの方がよーーーーっぽどオイシイと思うのですが、夫的にはクラウティの方が「まだまだ飲み込み可能」な食べ物のようです。

味は・・・
写真を見る限り「ワッ!」と思われた方が多いのでは?
当の私もヒイテおりました。
ところが!!
「おいしくもないしマズくもないからまた食べてみよっかな〜と思う」味です。(やっぱり?)



日曜日には何やら衣装を着た人もウロウロしていて、2、3ヶ月なーんにもイベントなかったかと思ったらこの週末には3つまとめてイベントがあったノヴァーラ。
来週の日曜日には夏時間が始まるし、春がやってくるのをヒシヒシと鼻と時間で感じるワタクシでありました。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-22 23:04 | NOVARA

扁桃腺

昨日はまたまた1日中研修で、8時間 KOINE' のメンバーと一緒でした。

しかしなんだか私の体の調子がよろしくない。

帰宅後かなりぼんやり(いつもボケーッとしてはおりますが)。
そしてノドも痛い。

早めに寝たものの、今朝から扁桃腺が真っ赤に腫れて痛い!
アメを気紛らしに食べていたら口の上の部分が切れちゃってこれまた痛い!!

なんだか調子ホントによくないなあと思ってお昼過ぎに帰宅し、熱を試しに測ってみたら38度・・・

知恵熱、でっしゃろか?

ちょっとお昼寝してみます。
花粉症と扁桃腺腫れ腫れ、そして熱の三重奏。
今週末ノヴァーラでは大きなイベントが2つあるのに、どうなるんでしょう私ーーーー!!
ちなみに一つのイベントにいらした方は姑の姿を目にされることと思います。
(姑の働いている機関が主催者の一つですので)
え?誰もノヴァーラに行かないよと?

みなさん、たとえノヴァーラにはいらっしゃらずとも健康にはお気をつけ下さいませ。
健康第一!

BUON WEEKEND ♫
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-19 22:03 | ME - 私

つのだひろ

すんごい花粉症に悩まされてはや2週間。
こんな状態が年間4ヶ月も続くことを思うと目がさらに細うなります。

さてですね、イタリア人の名前と言えば、聖人に由来するものが多いことは以前にも書いたのですが、時々英語っぽい名前も耳にいたします。

例えば先日、とある小学校の2年生くらいの1クラスが私の勤務先にやって来たのですが、ワイワイしている中で先生が叫んだ名前が私の動作を止めました。
「マイコル!!」

マ、ママママママ、マイコル?

横で一緒に働いていたイタリア人男子20歳はオドロいてもいません!!

私:「ちょっとー聞いた?マイコルだって!」
伊男子:「うん、いるよね最近。問題は綴りさ〜。」

確かに!!
マイコルくんは「Micheal」と英語綴りで書くけどイタリア発音で「マイコル」なのか、
それとも思いっきりイタリア調綴りで「Maicol」と書くから「マイコル」なのか・・・

後者だったら海外に出た時・・・
「Musical」だって「ミュージコル」と発音しちゃうイタリアだから「マイコル」って受け入れられているものの、ねえ?


そんな話を帰宅して夫としていたら、夫の知り合いには「メリージェーン」さんがいるそうです。
彼女と初対面の時夫が「メリージェーン」と聞いて、オオオオと思ったらしいのですがね。

綴りを聞いて愕然。
なぜなら本来「Mary Jane」と書くべき名が、彼女の戸籍上は「Mari Jean」となっているのです!
「マリ ジャン」!!
まりじゃん?

イタリア人は「a」の音をアメリカ人以上にアメリカっぽく「エ」と発音すると私は思うのですが、それゆえに Mari と書いて「メリ」と読んじゃうのでしょうか?

Jean・・・フランス語では「ジャン」って読むんじゃあございません?

とにかく子供の名前だからといって慎重になるどころか、「メリーって Mari だよね、ジェーンって・・・えーっと Jean にしとく??」というご両親のいらずら心でメリージェーンさんの人生初めての、そして一生付き合うハメになる悲劇は始まったのかもしれません。


日々あれやこれやで私を魅了してくれるイタリア人の方々には日々感謝しております。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-17 22:29 | ITALIA

カテリング

今日は春の日差しが戻ってきたノヴァーラ、小汗かいてます。

今日の私の仕事は、Lavoratorio delle fiabe。
つまり思いっきり噛み砕いて言いますと、とある小学校の1クラスがガッサーッと実習先にやってきて、その子供たちにブラジル婦人とインド婦人がそれぞれの国のおとぎ話を語る(?)のをお手伝いすることです。

9歳くらいの19人の生徒が来たんですけど、ほんっと元気でかわいかったです。
しかもオモシロかった・・・さすがイタリア人、子供の頃からかなりやります。
でも何かしてあげると、カーナーラーズ「グラッツィエ♫」という子供たち。
おばはんの心をすっかり奪われました。

先生はごっついしきり上手で、見事にクラスをまとめあげていたのが印象的。

側で子供に自分のイタリア語が通じた!とほくそ笑んでいたのはワタクシです・・・


さて、私の実習先では多国籍性を活かして、「エスニック料理のケイタリングをやっちゃう?」プロジェクトが生まれたそうなんです。
イタリア語でケイタリングは catering と書いて、カテリングと読む!
相変わらずのそのままイタリア語読み。
どうりで私が「ケイタリング」といってもみんなが首をかしげるはず!!

このケイタリングには実習先機関が取り組むフェアトレイドの野菜などを使うことで他のケイタリングの方たちと差をつけるんだとか。
ちなみにフェアトレイドはイタリア語で Commercio equo。

さまざまな企画が同時進行していて、見ていてオモシロいです。


イタリアでは今週末お天気がよいそうですねえ。
私たちは今のところどっこにも行く予定ございませんが。
5月のスイス行きの予定だけは完全に立てる!コレだけが週末の目標です。
夫がイタリア人だとなかなか計画が前に進まないの、これウチだけでしょうか・・・

みなさん、よき週末をお過ごしくださいまし。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-13 02:21 | ME - 私

ヨーグルトの意外な使い方

今日の午前中はまたイタリア語教室があり、誰よりも早く実習先に着いた(ここは日本人っぽいワタクシ)と、その次にやって来た生徒のエジプト婦人とでしばらく話していました。

f0173324_23201179.jpgで、彼女は私にアラビア語を教えてくれようとしたのです。
なんて奇特な!!

この仕事をしていると、アラビア語の必要をとーっても感じるのでとーってもうれしいことです。
いえいえ、決して話せるレベルになれるとは思ってないのですが、単語いくつか知ってるだけでもすんごい得した、そしてアラブ系マンマたちに近付けた錯覚に陥ります。


彼女が教えてくれたのはアラビア語の文字。
クネ、またはクネクネ〜とした線が文字だなんてスゴい!
確かに漢字に比べたらよっぽど画数少ないですけれど、クネクネ文字は似ていて区別がつきにくい・・・
エジプト婦人の妖艶さにドキドキしながら教わり続けること30分。
結局文字以外に私が覚えたのは、電話はアラビア語で「テレフォン」っぽく発音する、つまり英語っぽいということだけでした(汗)。
書かないといけませんね、書かないと。

私の頭の中にはエジプトの遺跡がグルグル回っていて、「どうしても行ってみたいんです、エジプトに!!」と主張しときました。
f0173324_23195026.jpg


ところで、昨日は別のノヴァーラ県のプロジェクトにて私と同じ実習先にいるアルバニアの女の子が、
「おばあちゃんがよく言ってたんだけど、熱いごはんにはヨーグルトをかけると程よく冷めてオイシいわよ〜ってね。」
ご飯にヨーグルト??????
日本人の私には受け入れがたいおばあちゃんのお知恵です!
アルバニアはトルコとの長い闘いの歴史があるそうで、トルコ料理の影響が強くヨーグルトも多用するそうです。
けど、ご飯にヨーグルトってねえ。
ま、実際アルバニア女子曰く、マズいそうです。

そういえばイギリスに留学していた時のホストファミリーが言ってたんですけど、トルコ人の留学生は何にでもヨーグルトをかける人で、シマイにはスパゲッティにヨーグルトかけて食べ始めたんだとか。
スパゲッティが熱かったんですかねえ?
私のホストファミリーはイタリア人だったので、「お願いだからそれだけはやめて〜。」と懇願したとかしないとか。

ヨーグルトの使い方って国によって違うもんですなー。

私がイタリアに来てオイシいなあと感じるヨーグルトはプレーンな低糖のヨーグルトにハチミツと細かく砕いたクルミを入れるもの。
「ミコノス島のヨーグルト」みたいな名前で売られています。

ヨーグルトヨーグルト言っていたら食べたくなってきたのでこのあたりで突然失礼いたします。
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-03-11 23:24 | ME - 私