io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

寝ててもしゃべります

ウチの夫は外ではおとなしめですが、ウチの中ではよぉぉぉぉぉぉぉーくしゃべります。

そんな彼が身につけたのが、寝ながらも話すこと。

昨日も寝ていたと思ったら急に目を開けて言いました。
「ボクのサインのどこが気に入らへんねん?」
ビックリ!
「何のサインのこと言ってんねん?」
と聞くと、
「ムニャムニャムニャ...」
すでに眠りの中でした。

そこで私が思い出したのが、夫のサインについて私がその日大爆笑 (何度目かの) したことでした。

普通ねー、外国人のサインってグルグルグルグルーワッシャー系のサイン多いですよね。
何が書かれているのか全く分からないタイプ!!
私はひそかに憧れてましたよ、昔から。

しかし夫のサインは、限りなくブロック体に近い崩れ体で、自分の名前をフルネームで書くんです!!
しかもサインは書く時によって違うんですからー。
ニコラという名前が時にはニコライ、はたまたニノコラとかになったりしてー。

笑けます、その度に。

で、昨日夫がサインをする局面に出くわしたんですけど、夫は私が笑うと分かっているので、
「あっち向いてて。」
と防衛戦を張りました。
張られたところで夫のサインを思い出しただけでも笑ける私。すでに笑っておりました。

出来上がったサインはやっぱりオモシロイ!! やる気が感じられません!!

こうやって笑われたことを根に持っていたんですねー。
夢にでも見たんでしょうか、寝言に言いました。
他にも訳の分からぬことをよく言います、このごろ。
眠りのアッサーイ私には全て聞こえているんですけど...
そしていびきもかくんです、夫。鼻常につまってますから。
それを言うと、
「またボクのことをおとしめようとしてそんなウソを!!」
というんですから。やれやれ。

しかし私も漢字のサインが通用しない場合が多いイタリア、グルグルワッシャーなサイン、考えてみましょうかねえ。
夫には少なくとも勝てると思います。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-28 19:23 | NICO - 夫

イタリア人との結婚手続き 後編 ~ ノヴァーラの場合

さて、今回は結婚後に必要な手続きについて記したいと思います。
いやあ、ここからが本番でした。

* La carta di soggiorno (滞在許可証) の申請      @ Questura (警察署)
申請に必要な書類等
・Certificato di matrimonio (コムーネ発行) *1
・Certificato del Casellario giudiziale (procura 発行) *2
・パスポートの写真、スタンプのあるページ全てのコピー
・marca da bollo 14,62 ユーロ
・写真4枚
・申請前に Questura で入手した所定の申請用紙 1枚
○ これら全ての書類のコピーが必要です。ただし申請用紙のコピーは2枚要。

*1 コムーネの Stato civile 発行。
*2 その地域管轄の Procura (検事局) 発行。
発行についてはパスポート、収入印紙 3,1 ユーロが必要です。
  申請3日後くらいに発行されます。

○ 地域によってはイタリア人と結婚していても Permesso di soggiorno を申請しないといけない場 合もあるようです。
 滞在許可証申請時には面倒でも一度前もって警察署に行って申請用紙をもらうと同時に必要書類の確認が大切だと思います。
 
* 婚姻届提出 (結婚後3ヶ月以内に)           @ 在ミラノ日本領事館
申請に必要な書類等
・戸籍謄本:2通
・婚姻登録証明書(COPIA INTEGRALE AUTENTICATA DELL'ATTO DI MATRIMONIO)、
または結婚証明書(CERTIFICATO DI MATRIMONIO):2通 *1
(婚姻後の日本の本籍をこれまでとは違う市区町村に設ける場合は、3通用意。) 

・外国人夫(又は妻)の国籍証明書(CERTIFICATO DI CITTADINANZA):2通 *2
(婚姻後の日本の本籍をこれまでとは違う市区町村に設ける場合は、3通用意)

・届出人を確認できる公文書(パスポート、イタリア政府機関発行の写真つき身分証明書)

*1 コムーネの Stato civile 発行
*2 コムーネの通常窓口発行
  発行には1通につき 14,62 ユーロ (現金で支払い) が必要でした。

○ 申請の際、届け出用紙に結婚相手の生年月日、出生地、両親の名前等を全て日本語 (カタカナ)
 で記入しないといけないので戸惑いました。

* Codice fiscale (税務番号) 取得      @ Agenzia delle entrate
申請に必要な書類等
・滞在許可証の申請用紙、そのコピー  *1
・パスポート

*1 滞在許可証を申請した時に控えとして申請用紙のコピーを警察署からもらいます。

○ お金が絡むやり取りをする時等に何かと聞かれることの多い codice fiscale。

* Tessera sanitaria (健康保険証) 取得 @ ASL
申請に必要な書類等
・滞在許可証の申請用紙
・パスポート
・codice fiscale

○ 申請時にはホームドクターも決めておきました。 (夫と同じ)
申請時は紙でできたカードですが、3ヶ月ほどするとプラスチック製のカードが届きます。
そこには codice fiscale もかかれていて大変便利。
 ホームドクターにかかる分には無料となる、重要なカードです。

ここまでが滞在許可証を申請するだけでできる手続きです。
ちなみにここまでの手続きをイタリアに入国後3ヶ月以内に行いました。

ここからは滞在許可証がながーい時間かかってできた後の手続きです。

* Dichiarazione di residenza (住居、住民登録)    @ コムーネ
申請に必要な書類等
・滞在許可証 原本
・パスポート
・結婚相手の身分証明書

○ 窓口の人が滞在許可証、パスポートのコピーをとってくれました。
 この届け出後、警察官が実際に届け出住所に住んでいるか確認にやって来て、だいたい1ヶ月後に は手続きが完了します。

* La carta d'identità (身分証明書) @ コムーネ
申請に必要な書類等
・滞在許可証 原本
・住居、住民登録完了の通知
・写真3枚

○ サインはアルファベットで。
 現金で 5,42 ユーロ支払いました。

私の場合は滞在許可証の原本がないと住民登録、身分証明書の発行がしてもらませんでした。
しかし職員によっては滞在許可証の申請用紙だけでもこの2つを行っているようです。
わかりません、何が真実か...ケムに撒きます、イタリア政府機関。


★ 今から思うと私がイタリアに来てすぐに夫にしつこく言われ、8日以内に警察署にイタリアに滞在 してますー、ということを届け出ました。
日本人は3ヶ月以内の観光ならビザもいらないし、私は必要ないと思ったんですけれど、実際に警察署に行ったら当然届け出てくださいよー、と言われました。

その時にはパスポートの、写真・スタンプのあるページ全てのコピー (スキですよねー、イタリア警察)、あとは警察署にある所定の用紙に記入してまたそのコピーをとって。

なかなか面倒ですが、全てをやっておくとスッキリしました。

★ ちなみに私はイタリアで健康保険証をもらえるまでの間、念のために日本で入った海外旅行用の保険を3ヶ月かけてありました。


全てが終わるまでは怒り、不安、気絶しかけ、など色々ありましたが、夫婦で一緒に自分たちでやることでなんだか終わった時にはとっても満足したのを覚えています。

それにしても一体誰に聞いたら正確なことを知っているのか、でも正確なことが自分が申請に行ったときの担当者の言い分と合致するのか、賭けでした...
基本的に女性職員の方がしっかりしていると思ったのは私だけでしょうかー。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-28 19:09 | ITALIA で結婚する

イタリア人との結婚手続き〜ノヴァーラの場合

結婚前後の書類手続きが完了してから早10日あまり、ボケーッとしているうちに時は過ぎていました。
これからイタリア人とご結婚をお考えの方の少しでもお役に立てればと思い、私が行った手続きを記しておきたいと思います。
あくまで2008年6月にピエモンテ州、ノヴァーラで結婚 (matrimonio civile) したケースですので、実際に手続きなさる場合には現地の市役所、警察署などで要確認です。

長くなりますので、今回は結婚前の手続きだけを。

*Nulla Osta (結婚用件具備証明) の取得   @ 在ミラノ日本領事館
申請に必要な書類等
・発給の日より3ヶ月以内の戸籍謄本
・本人を確認できる公文書(パスポート、イタリア政府機関発行の写真付き身分証明書)
・結婚を予定している相手の氏名がわかる書類(身分証明書または旅券の写し)
・受け取り時に現金で 7,5 ユーロ支払い
○ 前日に領事館に電話し、前もって Nulla Osta の申請にいくことを伝えました。
午前申請で当日午後には書類を受理できました。

*Legalizzazione (証明) @ Prefettura (県庁)
申請に必要な書類等
・Nulla Osta
・marca da bollo (収入印紙) 14,62 ユーロ
○ この手続きによって、領事館発行の書類が正規のものであるということを証明してもらいます。

*Pubblicazione (結婚の公示) @ Comune (市役所), Stato civile
申請に必要な書類等
・Legalizzazione 済みの Nulla Osta
・二人分の身分証明書
・結婚する相手の出生証明書 (こちらはコムーネが取り寄せてくれました)
・marca da bollo 14,62 ユーロ
○ 上記の書類を提出し、結婚後の財産分与等についての手続きの日にちを決めました。
 それの手続きが終わるとコムーネに、自分たちの名前等と共に、結婚の申し出をしたと書かれた 用紙が貼り出され、2週間の間誰からも異議がなければ晴れて結婚式 (コムーネでの)の日取りを決  めることができます。
財産分与については極一般的な、結婚後の財産は共有のものとする、というのを選びました。


以上が結婚前に必要な手続きでした。
地域によっては Pubblicazione のために自分の出生証明書が必要となる場合もあり、または相手の方が違うコムーネで出生届を出していると、そこから出生証明書を取り寄せるために時間がかかったりします。
コムーネで必要書類についてご確認を!!

次回は結婚後の手続きについて書きたいと思います。
実はこちらの方が大変でした...
なにせイタリアの現実を目の当たりにするのがこの後からでしたからー。
 

[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-27 20:12 | ITALIA で結婚する

大スキな人

私にはイタリアで、しかもこのノヴァーラで得たとっても大切な出会いがあるんです。

日本人で、歳も近い、しかも出身地が同じ!! という女性、シエナさんです。
ブログを通じてこの貴重な出会いに巡り会えたことに今でも感謝しています。

私にとってまだまだ小さかったノヴァーラでの世界が、シエナさんのおかげで心地よく大きく、そして果てしなく豊かになっています。

同じ日本人だからというのは度外視で、人として尊敬でき、お話できるのが楽しいし、そして頼りになる (し過ぎてます? ) シエナさん。
あくまで自然体の私でいられ、そしてそれを受け止めてくれるシエナさん。
立ち止まりそうになっても大きく私を包んでくれてまた前進する気持ちにさせてくれるシエナさん。

ホントに感謝してます、シエナさん。

昨日は大スキなシエナさんとマッジョーレ湖に行く機会に恵まれました。
そしてまたそこには心オドル出会いが。
f0173324_19554542.jpg

f0173324_19563386.jpg

私たちの雰囲気で、ペースで、これからも刺激し合って励まし合ってここで生活していきたいなあ、とピエモンテのローカル線の電車に揺られて感じました。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-25 19:58 | ME - 私

ドンドンチャチャチャ、ドンチャチャチャ

昨日の午後、私の心はカルネヴァーレに独占されました。

チェントロには仮装したたーくさんの子供と一人の子供につき2、3人の大人の家族が付き添っていて、ノヴァーラの街にこんなに人がいたのか!! と思うほどの盛況ぶりでした。

というのも、カルネヴァーレの仮装行列 (?) があったから。
ネズミに変装して音楽を奏でる人たち、トラクターに引っ張られた山車 (?) の上で踊る人たち。
f0173324_22171479.jpg

f0173324_22174859.jpg

うかうかしていると山車の上から、はたまた近くの子供たちから紙吹雪 (coriandoli) が飛んできます。

日本で同じようなお祭りを見に行っても、つまらーんと思うに違いないのですが、変装した子供たちがかわい過ぎるのと、大人も踊り狂ったりして楽しんでいるのを見ていると、イタリアってステキかもーと思わずにはいられないのでした。

とその時、ビスケット王 (Re Biscottino) が通りました。
夫は幼稚園の頃、このビスケット王は本当にビスケットだと思っていて、おじさんがビスケット王に扮しているだけと知った時、ちょっとしたトラウマに陥ったそうです...
友達は泣いていたとか。
f0173324_2224093.jpg

どうしてビスケット王かと言うと、ノヴァーラの特産品がビスケットだから、なんだとか。

それにしても子供の仮装っぷりと言いますと、本当にかわいかったんです。
ベビーカーに乗っているような小さい子まで仮装させられていたりして。
ティンカーベル (イタリア語では campanellino というらしい) が私の中での昨日の一番でしたが、
F1ドライバーやてんとう虫、ダルメシアンなどなど、すっかり心をわしづかみにされました。
f0173324_22295752.jpg

(おばさんがメインに写ってますけど... )
f0173324_22303531.jpg

(ちょっとボケてますけど...)

そしてコレだけの人ごみにも関わらず、散歩に引っ張りだされた犬たち。紙吹雪を浴びせられてびっくりしたり、さらには犬も仮装?
f0173324_22334372.jpg


大にぎわい、大散らかしのうちに終わった昨日のフェスタ。
これだけの紙吹雪がどういう終わりを迎えることになるのか...
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-22 22:36 | NOVARA

いつもの朝

今朝、ベランダに出たらクーポラの近くにカワイイピンク色の雲が。
その隣にはマンションの煙突からもくもくと煙が出ていました。
f0173324_2215129.jpg

ピンクとグレーの色合わせ、けっこうスキです。

ここ数日で日が昇るのもとっても早くなり、7時過ぎにはもうこの明るさです。
日が長くなるのってとってもうれしいものですよね。

明日からは週末。
みなさんステキな週末をお過ごしください!!
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-20 22:43 | ITALIA

失踪

昨日の午後、おいしそうな雲を発見しました。
丸いついでにたこ焼き食べたいなあ、と思った私です。
f0173324_19112840.jpg

そして夜は家族の定例会。
ピッツェリア (コリもせず) の席についたと思ったら姑が言いました。
「はああ (ため息)、あの子ネコがいなくなったの...」
そうなんですよねー、義祖父宅にいた、そして姑が毎日自転車で40分かけてエサをあげに行っていたネコのうちに1匹がいなくなってしまったのです。
ここ4日姿を見せないとか。
一番かわいかったのにー。
f0173324_19173629.jpg

私以外の3人が言うには、ここ10年くらいの間に50匹 (絶対に大げさに言ってます) ほどのネコが入れ替わり立ち替わり義祖父宅にやってきて、そのネコたちに姑は毎日エサを提供していたそうです。

私がサラミの盛り合わせに食いついているのも無視で、姑は私にそのネコたちを携帯で撮った写真を見せ始めました。
「彼女が Rosi、彼は Silvestro....ブラブラブラ....ブラブラ....」
そんな立派な名前を勝手につけていたんですね!!!
しかも名前は覚えてるんだ、他のことは忘れたとしても。

そしてようやく私たちにピザが運ばれて来た時に姑がまた言いました。
「はああ、あの子ネコがいなくなったの....」
ええ、知ってます、だってさっき聞いたばっかりですもん。
姑は思ったことをそのときに口に出さないといられない派です。
しかも周りの反応が彼女の期待していたほどでなければ同じ話題でも繰り返す繰り返す。
それを知ってか知らずか、また私以外の3人は過去のネコのことで盛り上がっていました。

限りなくネコを愛する彼らです。
たとえ顔をかまれても。

帰り道、道の真ん中に犬の落とし物を発見した私は隣を歩いていた姑に、危なーい、と叫ぶと姑はそれにビックリ!!
でも落とし物にはもはや慣れきったのか驚きもせず。
すると今度は舅が言いました。
「踏めばよかったのに、ウンがつくよ。
現役時代におとされたての落とし物を踏んでその日はゴールを決めたんだー。
ウンがつくよ、ウンが。」
そんなにウンウンいわなくても。

イタリアでもそういう風に言うところがオモシロイですよね。
それにしてもやっぱり踏みたくはないもんです。しばらく立ち直れません。


ああ、あのネコはどこにいってしまったんでしょうか。
女王ネコ、Micia は彼がいなくなって超ウレシそうらしんですけど、ね。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-18 19:19 | FAMIGLIA, AMICI - 家族

Non c'è due senza tre.

昨日の夕方の小ネタです。

近所のスーパーでアジア系の女性を見つけた私たち。
私は見つけたときから話しかけたくってウズウズしてました。

そしてほぼ同じタイミングでスーパーを出て公園を抜け、ついに私は振り返り、勇気を振り絞って聞きました。
「すみません、日本の方ですか?」(日本語)
すると彼女は答えました。
「Non sono giapponese. (私は日本人ではありません。)」(イタリア語)

.......
ああ、そうですか、すみませんでしたーと言ってすぐに別々の道を歩き始めたものの、いえ、どうして私が日本語でした質問を彼女は理解したのか。
イタリア語で答えたはずだから日本語はできないのに。

私が夫に「話しかけて日本人かどうか聞いてみたい。」と言っていたのを彼女は聞いていたのか。

ちょっとナゾでした。

すると夫が、
「ねえ、イタリア語で質問しなよー、失礼じゃない?」

いやいや、日本語で質問するのが一番手っ取り早いと思ったんですよ、私は。

でも夫は夏場、海に行って日に焼けると体毛も髪も金色に近くなるのでよーく聞かれたそうなんです、ドイツ人にドイツ語で。
ドイツ人:「ドイチュ? (ドイツ?)」
夫:   「ノー!! イタリアーノ!!!」
ドイツ人:「ああ。(ため息、あきらめまじり)」

それがイヤだったんでしょうねえ、だからって私には関係ございません。
そんなことより彼女は発音から韓国の方だったような印象を受けました。

コレで2回目です、張り切って日本語で質問してイタリア語で「日本人じゃありませんからー!!」 とノヴァーラで言われるの。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-17 22:32 | ME - 私

カラフルな地面?

f0173324_22401958.jpg

ノヴァーラのドゥオーモ前の広場の地面です。
とってもカラフルな紙吹雪 (古い?) でいっぱい!!

そのわけはカルネヴァーレ (謝肉祭) 。
謝肉祭はカトリックの文化圏での節期で復活祭の46日前の水曜日から前日までの期間のことだそうです。
カルネヴァーレの語源は色々説がありますが、ラテン語の carne vale (肉よさらば) から来ているというのがその一説です。

そう、この期間はお肉は食べない!!
でも現代では宗教的な意味は薄れ、仮装したパレードがあったり、お菓子を投げたりする行事があったりといったものに変わってしまっているそうです。
ヴェネツィアのカルネヴァーレはとっても有名ですよね。

例にもれず、ノヴァーラでも昔の貴族の衣装に身を包んだ人のパレードがあったりします。
私が一番スキなのは、いろんな姿に変装した子供たちを見ること!!

さすがに人様の子供の写真を撮るのは遠慮したので写真がないのは残念ですが、スパイダーマンやゾロ、妖精やお姫様に変装した子供たちが週末にはチェントロに集まってきます。
私が今まで見た中で一番カワイイーと思ったのが、ゾウの着ぐるみを来た2歳くらいの男の子。
いや、ひよこの着ぐるみを来た5歳くらいの女の子も負けてなかった。
NASA の宇宙飛行士に変装している子もいました。

それでこの子供たちがドゥオーモ前で集まると大きな袋に入ったこの紙吹雪を投げつけ合うんです。
私も加わりたい気持ちにかられますが、自分の年齢を思い出し、踏みとどまること過去数回。

その紙吹雪合戦の結果がこの地面でした。

謝肉祭...
ウチは夫がお肉をほとんど食べないので、通年謝肉祭?
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-16 22:58 | NOVARA

50歳とヴァレンタイン

昨日はヴァレンタインでしたが、姑の誕生日でもありました。
ヴァレンタインに生まれたから彼女のセカンドネームは Valentina です。

昨日で姑は50歳!!
私はブーケとかプレゼントしたかったのですが、花はスキじゃないからやめときなよ、と夫に言われ、すでにプレゼントのアイディアに尽き果て、困った私。

そこで夫がめずらしく提案したのが sacher というチョコレートのケーキです。
息子が言うんだからそれに従おうと思い、ケーキを買いに行ったところ、あらーく包装されたケーキがこちらです。
f0173324_224869.jpg

そしておととい買った無地のカードに私があの手この手で装飾し、夫へのスペースを空けて、さあ夫よ、といったら、
「来年書くから今年はパス。」
と意味不明な理由で断られ、結局私が全部書きました。

私の誕生日は忘れてねええええ、と言っていた姑ですが、そんなこと!! はできません。
さりげなく冷蔵庫にケーキを残してきました。


いつも夫の実家に行くと姑が買う新聞を読むのが私の楽しみです。
夫がネコに引っ掻かれている間、私はいつものように新聞を読んでいました。
そこで見つけたのがこちらのページ。
f0173324_22473044.jpg

恋人や夫婦が愛する相手にメッセージを送るべく、新聞に投稿していたのです!!

例えば、
「君はボクたちの愛の船の白いマスト、ぼくはそこに吹き付けるアツい風。
ボクたちの船はどこまでも前進して行くんだね!!」

誰が考えるんでしょう、こういう文章。
イタリア人のアツさを全開に感じました。

私たちはヴァレンタイン用のケーキを私がまさか作ることはなく、市販のものをちゃっかり買って食べ、ハイ、ヴァレンタイン終了ー! でした。

ロマンチックな風は私たちの船には吹き付けてきませんでしたー。
結婚一年目にしてコレですから来年からは無関係なイベントになること間違いなし!!
姑の誕生日、だけに変わるんでしょう。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-15 23:01 | FAMIGLIA, AMICI - 家族