io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2008年→2009年

結婚という大イベントがあった2008年。
私のブログを発見してお付き合いくださった方々、そしてブログを通して出会えた方々、本当にありがとうございました。

2009年もどうぞよろしくお願いいたします!!

来年の目標は就職、でございます。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-31 22:45 | ME - 私

姑と You Tube

先日、日本食レストランに行きたいと言い続けた姑。
でもこちらで日本食レストランは質の割に高いし、きっと支払うのは義父母なので、遠慮してピッツェリアに行くことに。

ピッツェリアに着いて、オーダーしたと思ったら姑が言いました。
「 You Tube で見た、ラーメンの上に天ぷらがのってるのが食べたかったのに...」
その前日まで、天ぷらって何?スープ? と言っていた人が...
さすが、You Tube です。

ちなみにきっとそれはラーメンではなくってソバだったんでしょうね。

続けて姑が言いました。
「 You Tube で見たんだけど、日本にはドーナツだけを売っている、ミスター...ミスター、そうそう、ミスタードーナッツっていうお店があるんでしょ?
イタリアにはないわよねえ、そういうお店。行きたいわー。」

イタリア語でドーナッツは ciambella (チャンベッラ)。
チャンベッラチャンベッラ言っておりました、姑。

さらに続けて姑は言いました。
「 You Tube でやってたんだけど、乾いた海藻の上にご飯をのせて、魚をのせて、くるっとまくの、アレ何?」
どうやら巻き寿司を見たらしいです。
コチラも感銘を受けたもよう。

そしてさらに言いました。
「 You Tube で見つけたんだけど、日本人って服を不思議にたたむって本当?」
私はこう洋服をたたんでます、と簡単に説明したら、
「つまらーん、イタリア人と同じじゃーん、不思議なたたみ方してよー。」
と姑に言われてですねえ...
You Tube で一体何を見たんだか。

姑のスキなサイトはこの You Tube と e-bay です。
e-bay ではマリモを3つ買った彼女。
夫の実家の水槽には巨大化したこの3つのマリモがおります。
そして最近は炊飯器をインターネットで見つけて、いつか買うって言い出すんだろうなあと思っています、私。

いつも感じるんですが、姑はとっても興味津々で、気になることはすぐにインターネットで検索して、かわいいなあと。
しかも今は日本に興味を持ってくれてくれているので特にウレシいです。

しかし、いつまで続くか、彼女の中の日本ブーム...
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-28 22:17 | FAMIGLIA, AMICI - 家族

全員集合 (義叔父を除く)

行って参りました、ノンニ宅。

15時半過ぎに義父母と夫とノヴァーラを出て、2時間後にドモドッソラに着き、スイスの Locarno 行きの Vigezzina 鉄道に乗り換えてユラユラ揺られることさらに1時間、ようやく Malesco
に到着しました。

途中、姑がもう電車はイヤだー、この電車は吐きそうだー、などとさりげなく小声で文句を言ったり、夫と義父が似ているのを再確認して私は一人で楽しんでいました。

つくとそこには銀世界が広がっていました。
マイナス3度、でも湿度が低い分寒さは感じませんでした。

私たちを待っていた義祖父母、義叔母とあいさつを交わしてから早速夕ご飯です。
前菜からザッパーン、パスタガッガーン、セコンドドッドーン。
デザートパッシャーン。
私は詰め物系のパスタが苦手なのでパスタはパスしましたけれども。

食事中の話題は叔母が始めた日本のウォシュレットの話で持ちきりに。
あとは姑がとあるスキー大会で銅メダルを取ったとか。
といっても3人しか参加しなかった大会で3位だったんですけどね。

それに加えておじいちゃんが作ったリンゴのお酒が登場して、アルコールを飲めるのは私だけだったので、当然私は被害者に...
このシードルをおじいちゃんと夫がどのようにして作っていたかを想像しただけでおなかがキューッとなりましたが、そこは根性でガブーッと飲みました。

夕食後ですが...
ウチの家族には宗教心のかけらもやっぱりなかったようで、真夜中に行われる教会でのミサなんて誰も興味を示さず、もっぱら話に大きな花が咲いていました。

翌日朝、私たちは散歩に出かけました。
雪ってワクワクするんですよねー、私。
f0173324_233127.jpg

f0173324_23245629.jpg

f0173324_23232434.jpg

雪で作られたイマイチな像もあったりして。
f0173324_2345778.jpg

8月にも登場したノンニ宅はコチラ。
f0173324_2375145.jpg

家に戻ると夜のウチに姑と叔母が置いたクリスマスプレゼントがツリーの下に。
f0173324_239551.jpg

伝統にここは則って、みんなでプレゼントをお昼ご飯前に開けたんですけど、ノンノが、
「このマシーンが欲しかったんじゃないのにー。」
とすね始め、みんなは今年もかー、とため息をついていました。
フードプロセッサーが欲しかったみたいですが、贈られたのはパスタマシーン。
えらい違いです、確かに。
そりゃあ怒りますよ、ノンノだって。

どうでもいいんですが、ノンニのウチで一番スキなところは階段です。
f0173324_23212896.jpg

そしてお昼ご飯も怒濤のごとく食べて、さらに食べてですね、気付くとノヴァーラに帰る時間に。

あっという間に終わったクリスマスですが、嫁一年生の私としては新たに発見する家族の一面が多く、有意義なものとなりました。
f0173324_2355420.jpg

こちらでは嫁だから早く起きてどうこう、とか手伝わなきゃ、とか全く気を遣う必要がなく、むしろ私が一番早く起きたぐらいでして。
私向きです、実に。

みなさんはどのようなクリスマスを過ごされたんでしょうか。

今日も San Stefano で祝日ですが、私にはすっかり日本でいう1月3日くらいの雰囲気が。
わかります、あー、今年もお正月終わったなあという感じ。

問題はこのクリスマスでもらった食べ物をどうやって消費していくかということです。
それから来年のクリスマスプレゼント。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-26 23:26 | FAMIGLIA, AMICI - 家族

Il terremoto di Natale

昨日16時25分になんと!!
地震が!!!!

夫は生まれてこのかた地震を経験したことないとか言っていたのに、そして私もイタリアでは初体験の地震でした!
マグニチュードは4.6くらいと、規模は大きくなかったんですけど、マンションの5回で体感すると、けっこうコワかったです。

昨日の夕方一気にクリスマス魂に火がついた夫の家族。
急遽祖父母の家に行くことに決まり、昨日の夕方から3時間で全てのプレゼントを買いに走りまくり、グッタリしました。

今からスイスの近くのノンニ宅にいきまして、泊まり込みです。

しかし、クリスマス前日のイタリアの殺気立った雰囲気、恐ろしいです。
どこもかしこも混んでいますし。
ついでにそんな雰囲気につられてめっぽう穏やかな夫までいら立ち始めてですねえ。
朝からまたまた買い物にいったんですけど、困りましたよー、私。

みなさん、どうか想い出に残るクリスマスをお過ごしください☆
またクリスマス後にお会いしましょう!!
f0173324_2271535.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-24 22:08 | ITALIA

同郷

昨日もアリタリアの欠航騒ぎでにぎわったイタリア。

100便近くも欠航、さらには遅れる便続出、はたまた飛行機が到着しても荷物が出てこないなどなど、相変わらずやってくれます。

せっかく楽しみにしていたクリスマスの旅行や帰省を突然の欠航や遅滞で台無しにされた人たちはキレキレでした。
「こんなことイタリアでしか起こらないよー!!」
「恥だ、恥!!!!」
とかインタビューで怒る人後を絶たず。

確かにイタリアでしか起こらないでしょうねえ、こういうこと。

でもこの不況の中、ミラノの Rinascente というデパートでは過去最高の売り上げを達成したというニュースも耳にしました。
イタリアでは60万人の失業者が出るともいわれているのに、実際街を歩いているとあんまり感じません、不況。

イタリアのニュースはさておき、今日の本題はですねえ、今さら土曜日のことなんですけど。
出会ったんです、日本人に。

それは ノヴァーラの ipercoop に行った時のことでした。
とあるお店でブラブラしていると、ニコラが、
「日本人の話すイタリア語が聞こえる。」
と言い出しまして、横をふっと見ると確かに日本人っぽい女性とイタリア人男性のカップルが。
ちょっと日本語が聞こえたので、
「す、す、すいません...」
と私が勇気を振り絞って話しかけると、やーっぱり日本人だったんです。

クリスマスの休暇に男性の実家のあるノヴァーラに来られていたとのこと。
少し話していて、お互いに絶叫したのは、なんと!!
同じ県出身だったんです!!!!
いやあねえ、意外とやるもんですねえ、うちの県も。

びっくりしましたよー。

夫のクリスマスへの意気込みのエンジンがかかることもなく、クリスマスが終わりそうな、そんな我が家でした。
プレステもいらなーい、とか言い出しました...
プレステよりも貯金の方がスキだと気付いてしまったようです。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-23 18:45 | ME - 私

道がキラキラ

今日は13時くらいから霧が立ちこめ始め、いま外を見ると真っ白です。
久しぶりに出てきちゃいました。

ついにクリスマスが差し迫り、ますます街中は人で込み合っています。

昨日も相も変わらず散歩に出かけたノヴァーラのチェントロでは、馬に乗った中世の貴族の格好をした人たちのミニミニパレードを発見したり、その馬からの落とし物に、歩く人たちがキャアキャア言っているのを私はおもしろがったり。

チェントロを走る機関車型のバスのようなものもあって、ポーポー汽笛と鳴らしています。

やっぱりにぎやかなチェントロでした。
f0173324_2258100.jpg

私が一番ステキだなあと思ったお店は花屋さんでした。
少しチェントロから離れたところにあるこのお店、けっこう大きくって壁は真っ白で、いくつもクリスマスツリーが飾られていて。
さすがにこのお店の写真は撮れなかったんですけど、一枚だけ撮りました。
f0173324_2273515.jpg

イタリアの歩道の舗装の甘さは見逃していただいて、このお店の前の道はキラキラ輝いているの、お分かり頂けますか?
私は何かをうっかりばらまいてしまったんだと思っていたんですが、いえいえ、ちゃーんとしたクリスマスの飾りの一部だったんです。
キラキラした金色の何かをまいてあったみたいです。

このさりげないデコレーションが、さらにこのお店をオシャレに見せている気がしました。

さてまたパネットーネでも食べますかねえ。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-22 22:11 | NOVARA

ベッカムとパネットーネ

昨日、ベッカムがイタリアに上陸しました。
AC Milan でプレーするために!!
カワイらしい、そしてちょっと間違ったイタリア語であいさつしているのがステキでした。
ちょっと前の方が男前だった気がしましたけど。

イタリア人からはあんまり歓迎されていないような印象を受けました。
サッカー選手としてはもはや...というのが一般的な意見のようです。
Spice boy とか書かれていましたし。

そして1泊7800ユーロするホテルに泊まっているとか、ボディーカードは15人くらいいるとか、あんまりサッカーとは関係のないことばかりが話題になっておりました。

さて、昨日私は今年初めてのパネットーネを食べました!!
夫が会社からいただいてきたものなんですけど、夫はレーズンもドライフルーツのお砂糖漬けも嫌いなので、このパネットーネは全て私の胃に収まる運命です。
ちょっとぼやけていますが包装はこんな感じでした。
f0173324_21501575.jpg

このパネットーネを一緒にもらってきた Moscato という種類のデザートワインを二人で飲んだんですけど、グラス半分で夫はノックアウトされてました。
歌いだしたり、超早口で話し始めたり...
たかだかアルコール度数7%でこれとは、お酒に弱いにも程ってもんが。

そんな夫はさておき、クリスマスシーズンにふさわしいパネットーネを食べ、moscato を飲んで、私は一人でクリスマスを実感していました。

こちらは姑にもらった Baci のチョコレートが入ったプラスティックのボトルです。
この中にたくさん Baci のチョコレートが入っています。
f0173324_21505728.jpg

このチョコレートも嫌いな夫。
どんなに私を太らせるつもりなんでしょうか...
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-21 22:06 | ME - 私

つ、ついに!!

びっくりしましたー。
なんと私の手元にはついに例の滞在許可証が...

今朝警察署に行き、やっと手に入れた滞在許可証、La carta di soggiorno。
6ヶ月待ってみたものの。
やー、こういう書類作るだけなのにどうして6ヶ月も?と思わせる一品。

写真貼る位置は曲がっているし、写真の上に貼られたホログラム (?) もこれが正しいのか、ホログラム中の文字は逆さになっているし。

一応期限は indeterminato、永遠にない予定です。
しかし、パスポートを更新する場合はまたしても面倒な手続きになりそうです。
こんな時に限って私のパスポートは2010年に有効期限が切れる...
嵐の予感。

今日はこの滞在許可証を持って市役所に行き、住居証明の申請をしてきました。
コレが済んだら身分証明証の発行を申請して...

人によって、住む場所によって全く申請方法も、その時の申請条件も違うイタリア。
矛盾も苛立ちも感じることが多いです。

ノヴァーラの市役所の人たちは親切で大スキですけど。

滞在許可証を手にできて、本当にうれしい反面、この国では一生外国人なんだなあとも改めて感じ、複雑です。

いよいよ年始からは仕事探しを!!
滞在許可証取得に関して心配をかけた方々、そして協力してくださった方々に感謝しておりますー。

そんな今日はひっさびっさの快晴でした。
f0173324_2121876.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-19 02:12 | ME - 私

ワイルドとはうらはらに

いったいこれだけの雨がどこからやってくるのか...
そう思うほどに雨がふり続いています。
いつから降っているのかも忘れるくらいに。

光が反射して見えにくいのですが、義祖父が描いた絵を。
f0173324_2394016.jpg

あんなにワイルドな人にこんなにソフトタッチな絵が描けるのかと思ってしばらく見つめていました。

冬の季節にぴったりなこの絵、気に入ってます。

義祖父母が若かりし頃を思ってこの絵を描いたのかなあと想像すると、さらに親しみがわいたり。

そんな義祖父はとっても負けず嫌い。
人からもらった絵はトイレに飾ったりしてしまうそうで。

人の心と絵ってなかなか奥深い関係なんですね。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-17 02:44 | FAMIGLIA, AMICI - 家族

小さな新発見

みなさんは「イタリア的恋愛マニュアル」(伊題: Manuale D'amore ) という映画ご存じですか?
私はいつしかイタリアから日本へ帰る飛行機の中で見てハマって以来、DVD を唯一買ってしまったくらいスキなんです。
出演者のセリフを全部言えてしまうくらいに!!

この映画のパート2がイタリアではもう数年前に出ていて、評判はよくなかったんですけど、いやあパート1ファンとしては見逃してはいけないと思い、今さらながらに土曜日の夜に見たんです...

評判ってけっこう信用できるもんなんですね。
本当にかなりのイマイチ度で、ガックリしました。

夫にいわれたのは、パート1も言っとくけど、けっこうキモイよ、の一言。

ところで今日の本題は、イタリア語における極小な新発見です!!
それは...
Marmellata (マルメッラータ)、ジャムという意味の単語。
そんなのとっくに知ってるという方が多いかと思いますけど、私はつい最近知った新事実があるんです。

私はフルーツのジャムに関してはぜーんぶにこの marmellata という単語を使えると思っていて、イチゴでも、ミックスベリーでも何のジャムでも marmellata と呼んでいました。

しかし、クイズ番組で見たところ、marmellata と呼べるジャムは オレンジのジャム、つまりはオレンジマーマレードだけだったんです!!

そういわれてみれば、マーマレードに何となく marmellata の発音は似ている...

オレンジのジャム以外には confettura というちゃんとした単語があって、スーパーで確認してもオレンジマーマレード以外の種類のジャムにはきちんとこの単語が書かれていました。

相変わらずやるなあ、イタリア語。
ってもうご存じでした?
我が家では夫も知らなかった恥ずかしながらの新事実でした。

このついでにちょっとイタリア語について。

夫が最近よく使うのが cesso (チェッソ)、トイレという単語。
この単語にはトイレという意味の他にも美男、美人ではない人、しかもちょっと強めな意味があります。
同じような意図で、女性にだけ使われる単語には cozza (コッツァ) もあります。
元々の意味はムール貝です。

その他には、意味は分かっていながらもいつも使ってみるのを忘れる表現、それは del genere (デル ジェネレ) です。
Del genere の意味は、そのような、で、例えば、
「Non ho mai visto una roba (cosa) del genere!!」
というと、今までそういうの一度も見たことないよー!!、となります。

けっこうな頻度でイタリア人に使われるこの表現、使いこなしたいものです。
と思い始めてはや1年。
自分がもともと知っている限りのありすぎる単語で話そうとしてしまうからだめなんですよねえ、私。

Che barba!!
なんて時間がかかるんでしょ、イタリア語をイタリア人っぽく話すまでには。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-12-15 22:49 | ITALIANO