io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ノンナからのハガキ

今日も8月の京都を思わせるような暑さでした。
そんな中、私たちはほぼ毎日、ニコラのネコに会うためにニコラの実家に通っています。
f0173324_7102110.jpg

1、2週間に1回ほどニコラのおばあちゃんからのメッセージがスイス近くの街から Novara にやってくるニコラのおじいちゃん経由で届いて、ニコママがテーブルの上に置いてくれてあります。

今日はテーブルの上には2枚の絵ハガキが。
それはおばあちゃんたちが住んでいる Malesco という街の噴水のハガキでした。
f0173324_71449.jpg

しかしよく見てみるとこのハガキ、画用紙のような紙の上に写真が貼り付けてあって、しかもところどころはずれていました...
ニコラがいうには、
「近所でプロカメラマンのフリをしている写真屋さんがあってそこでその人が作ったハガキを近所付き合いのために買ったんだよ、きっと。」
ああ、なるほど。
しかもキノコ狩りに行くためにカメラのフィルムを買いにいったニコラのおじいちゃんに5年ほど前に使用期限の切れたフィルムを売りつけたこともあるというこの自称プロカメラマン。
おじいちゃんはよく文句を言っているらしいです。

さて、ハガキの内容ですが。
チャオと私たちの名前が書いてあるところまでは読めたのですが、あとは解読不可能。
いつもながらおばあちゃんの手紙は始めの1行はとてもキレイに書かれているのですが、そのあとは書道でいえばかなりの行書で私には読めません。
f0173324_731175.jpg

そこで登場するのが孫かつ同じような字体をあやつるニコラ。
スラスラ解読してくれました。
「電車で来るのはちょっと遠いけど、長い散歩だと思って会いに来てね。
 いつもあなたたちのことを考えています。」
要約するとこんな感じです。

写真で見ると超美人な上にこんなにやさしいおばあちゃんです。
しかも80歳近いのに携帯のメールまで読めたりするのです。

早速返事を書きました。
確かに電車で行くと3時間半くらいかかりますが、一日も早くおばあちゃん、ノンナに会いにいきたいです。

今日は夜8時くらいから激しい雷雨にみまわれました。
Novara に来てからはじめてといえるくらいの大雨と、お昼かと思うくらい明るくなるくらいの雷。
出かける予定だったのに。
密かに思っているんですけど、ニコラは雨男です、絶対。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-30 07:11 | FAMIGLIA, AMICI - 家族

シアワセの黄色い...

昨日我が家に黄色いスクーターがやってきました。

結婚してから初めての大きな買い物でちょっとドキドキしました。
f0173324_189256.jpg

スクーターをお店に見に行ったのは木曜日。
まあ、一番安いのを選んだのですが、黄色とグレーがあってニコラは迷い始め、
「どっちの方がいいと思う?」
と聞かれて、私は、
「ニコラが決めなよー。」
「どっちがいいか聞いてるだけで、最終的にはもちろんボクが決めるから。」
あ、そうですか。

結局黄色い方に決めて、一部金を払って、金曜日の夕方引き取りにいくことに。
ニコラはうきうき。

でも実はニコラは今免許を取りにいってる真っ最中なんです。
どうしてこの歳になって?とよく聞かれるんですが、Novara は便利のいいところで徒歩や自転車で行ける範囲に全てがあるので車やバイクの必要があまりありません。
ニコラは以前車の免許はとったそうですが、あまりの必要のなさに更新しなかったそうです。
ちなみにイタリアでは自動車学校に入学してし少しすると foglio rosa というピンク色の紙切れがもらえ、それで車なら免許を持っている人の同乗で、バイクなら一人で運転ができます。
いや、危険でしょう?
あいかわらずかなりゆるめな規則のような気がしてならないのですが。

スクーターには乗ったことのないニコラ、29歳。
じゃあお店から家までどうしてバイクに乗ってくるか。
いきなり大問題。

昨日ニコラが一人でバイクを取りにいっている間、私は初めて自転車ででかけた自分の子を待つ母親のように心配でした。
30分くらい歩いてニコラはお店に。
クレジットカードが使えなくてお店から20分歩いて街の中心にある郵便局へお金をおろしに。
こちらの郵便局は19時くらいまで営業しています。(奇跡的に)
そしてまた歩いてお店に行ってニコラ現金払い。

そしてついにバイクでニコラ帰宅しました!!
最初の一言、
「カーブでは自分の体を傾けなきゃスクーターは曲がらないみたい。」
初めてのカーブでどうしていいか分からず、思わず直進しそうになったそうです。
とにかく無事で何より。
若い子の乗ったスクーター2台に抜かされたらしく、
「みんなスクーターに乗るとレースしたくなるんだね。」
それはあなただけでは...

バイクには保険もかけたし、ナンバーも1日で取れたし、最後まで大騒ぎしたスクーター購入もニコラが実際に路上に繰り出すまでは問題なさそうです。
このままガレージの肥やしにしたいくらい。

夜にはニコパパから電話があり、
「今から練習に行って来たら?」
いえいえお父さん、もう外は真っ暗です。
今からスクーター未経験の息子に練習に行けと?
しかもスクーターにハンドルロックをかけ忘れるような息子ですよ。

昨日のニコラはお昼過ぎまで仕事、午後には他の用事、夕方にはスクーター騒動で歩いた距離10km、かいた汗10ℓ。
きっと疲れたと思います。

今朝起きた時、着用後18時間後、寝る前に急きょはずされたニコラのコンタクトレンズが固くなって床に2つ並んでました。

ハローキティーのキーホルダーのついたスクーターの鍵とニコラ。
どうか事故とかしませんように。
というとニコラ、
「縁起でもないこと言わないでよ。」
f0173324_188138.jpg

でも気をつけてね、ニコラ。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-28 18:16 | NICO - 夫

おばさんとおじさん

今日夕方からニコラがやたらテンション高くて、しかも英語で話しかけてこようとしてちょっと困りました。
f0173324_221277.jpg

そんなニコラにはマンマ方のおばさんとおじさんがいます。

おばさん、セレーナさんは弁護士。40代半ばで一生独身と決めているらしいです。
セレーナさんは身長185cm くらいと超背が高いそうです。
このセレーナさん、パリに旅行に行った時、
「お水ください。」
と自信を持ってフランス語で言ってみたところ、カフェの店員に、
「多分イタリア語で話した方がいいと思いますよ。」
とイタリア語で答えられてしまったそうです。

どうしてイタリア人が外国語を話すとかわいく聞こえるのか、ナゾです。
ニコラがいうに学校では、
「発音とかどうでもいいからコミュニケーションをはかって。」
と教育されるらしいです。
なので今日話しかけてきたニコラの英語もそりゃあもうイタリア語です。

このおばさんの元カレがまた超おもしろい人で (噂では)、小鳥が死にそうだったので車の上に鳥かごを乗せて獣医さんのところに車を飛ばしたら、病院に着いた時には車の上で小鳥が死んでしまっていたとか、ニコラのおじいちゃんがとっても大切にしていたバラの木を雑草と思って切ってしまったとか、おじいちゃんの家のプールで溺れてニコラのマンマが投げた浮き輪で命拾いしたとか、ネタが尽きません。

次にニコラのおじさん、パオロさん。
パオロさんとニコラは11歳違い、つまりまだ40歳ですが、まだ学生です。
医学部に入学してから早何年....
この前電話で話した時はおだやかでとってもいい人でした。

パオロさんは、友達とサッカーをするのに、ニコラが当時持っていたキーパー用の手袋を借りたかったらしいのですが、ニコラに拒否されたそうです。
そしてパオロさんが持っていった手袋は、ガーデニング用。

またある時はニコラ、おばさんの元カレ、おじいちゃんの3人とパオロさん、その友人3人でサッカーの試合をすることに。
おじいちゃんは試合の1ヶ月前からかなりトレーニングして試合当日も闘志に燃えまくり。
しかし、イタリア人はジャンケンしてももめたりするくらいですから、こんな本気な試合ではなおさらです。
最終的にはおじいちゃんがキレて試合は終わり。
この様子は全てビデオにおさめられているらしいので、今度私の意思に関係なく見せてもらえるらしいです。
f0173324_2293359.jpg

クリスマスにはみんなでおじいちゃんの家で一緒に過ごすらしいのですが、以前おじさんはプレゼントだけ欲しくて、クリスマスカードには興味がなく暖炉に入れて燃やしていたら、実はそこにはおじいちゃんからのプレゼントのお金15万円くらいが入ったカードがあったとか。
今年からは私がちゃんとチェックします。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-27 02:31 | FAMIGLIA, AMICI - 家族

Novara で迷う

f0173324_17482290.jpg

昨日も codice fiscale (税務番号) を取得するためにある事務所にいきました。
この番号は、仕事をするにも、銀行口座を開くにも、住所登録するためにもいちいち必要になるものです。

そこで改めて思ったのですが、イタリア人、道にけっこう迷います。
ニコラは Novara に住んで25年ですが、行く事務所の場所はインターネットで調べました。
しかし迷う。
そして人に道を聞く。
ここで困るのがイタリア人の大げさっぷりです。
「あーその事務所ならすーぐそこだよ。」
指示通り少し進んでみる。でもない。
200m以上進んでやっとありました。200mってすぐですか?
ニコラも自分は大げさに言うのに、人から言われる大げさにはまじめに対応してしまうようなのです。

結局、事務所の敷地内でもさんざん迷ってようやく到着。
暑い中私がはりきって歩いていこうといったせいで疲れましたよ。
だって自転車で行く道には大きな穴があって、そこにハマってニコラはウイリーして危なかったという経験をキラキラして目で話され、とても自転車という気には。

おそらくこの経験もかなり大げさに話されていたんでしょう。

事務所内では、とある職員に、滞在許可証を申請したという証明の書類をコピーしてくるように言われ、cartoleria (文房具店) を探しに。
この職員の人はこの文房具屋さんはこれまた「すぐそこ」と言ったのですが、けっこう歩きました、そして迷いました。
ちなみにイタリアでは、コンビニのようなコンビニエントなものは何もなく、コピーも文房具屋さんでしてもらいます。

そしてまたまた事務所に戻って申請用紙とそのコピーを窓口に提出。
窓口の女性に、
「あなたの名前どういう意味があるの?」
と聞かれたり、手続きは順調に終了。
彼女はとても穏やかだったのですが、スタンプを書類に押す時だけはオニのように激しかったのが印象的でした。

ニコラは、
「いやーこんなおもしろい codice fiscale 見たことないよー。」
と私の税務番号を笑いまくりです。
イタリアのアルファベットに K はないのに私の税務番号には2つも K が。
この番号、名前や生年月日から作りだされるものだからです。
f0173324_17493799.jpg

それにしてもイタリア人の大げさっぷり、いつか慣れる時が来るのでしょうか。
一応、大げさに言ってるとわかるんですけど、巧みに大げさなんです。

イタリア人、奥深し。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-26 17:10 | ITALIA

滞在許可証!!

ついに今日、警察署の窓口までたどり着き、carta di soggiorno (滞在許可証) の申請を受理してもらえました。
朝8時から4時間待ってやり遂げた時には、とりあえずちょっとホッとしました。
f0173324_2210575.jpg

Novara での carta di soggiorno 申請には以下の書類が必要でした。
* 警察署発行の carta di soggiorno 申請用紙とそのコピー2枚
* certificato di matrimonio (comune 発行)
* casellario giudiziario (イタリアでの無犯罪証明書、procura 発行)
* パスポートとそのコピー(名前と写真のあるページと渡航印のあるすべてのページ)
* 配偶者の身分証明書とそのコピー
* 収入印紙 14.65 ユーロ

各警察署によってかなり必要書類が違うようですから今後手続きをされる方には入念な下調べをオススメします。
自分たちで手続きする警察署に行って必要書類を書いた用紙と申請用紙をもらうことから始めるのが一番大切だと思います。

今日は書類を提出した後すぐに指紋を採取されました。
以前留学していた時に指紋をとられた時には、まだ手にインクを塗られて書類の上にポンポンだったのに、何と今日はハイテクな機器があってびっくり。
パソコンと接続している機械の上に指を押し付けるだけでパソコンの画面上に私の指紋が。
左右すべての指と親指以外の4本の指の指紋、それと手のひらの指紋を採取されて終了。
この間、警察官は男女二人だったのですが、彼の昇進についての話に花が咲きまくっていて、きっと必要以上に時間がかかったはず。
ニコラもついて来てくれたのですが、テレビ番組の科学捜査班とのイメージを重ね合わせてちょっとドキドキしていたもよう。

指紋採取終了の書類を窓口に提出してすべて終了。
3ヶ月後に carta di soggiorno が手にできるということでした。

3ヶ月もかかるのです。
まだ早い方だとは思いますが、3ヶ月と言っても本当に3ヶ月かは誰にも分かりません。
ただし、ここ Novara の公的機関の書類の出来具合は超早いので今のところ信じて待つことにしています。

警察署の外で4時間待っているとき、40人くらいいる外国人と唯一のイタリア人ニコラ。
話かけて来た人の誰もがニコラは南米人だと思っていたらしく、理由は、
「フレンドリーだから。」
あとでニコラは私に言いました。
「じゃあイタリア人はフレンドリーじゃないってこと?」
この警察所での外国人の扱い方を見ている限り、フレンドリーとはねえ。
f0173324_2212188.jpg

しかしニコラが南米人に間違われるのはいったい何回目でしょうか。
しかもイタリア人にまで、
「アルゼンチン人でしょ?」
といわれるくらいですから。
こゆいのですね、顔が。私とは本当に真逆です。
私が関東平野ならニコラは歩くグランドキャニオン。
いつもながら同じ人間とは思えない、山や谷に恵まれた顔をしているんです、ニコラ。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-24 22:18 | ITALIA で結婚する

イタリア語

暑い日が続いています。大都市には高温注意報が出ているほど。

今日、ふとした瞬間にニコラが見慣れた動作をして言いました。
「ブーブーセッテテー。」
もしかして。
そのもしかしてで、ニコラはイナイイナイバーの動作をしてその言葉を発したのです。
いやー、笑えましたよ、ブーブーセッテテー。
しかしイタリアでは子供にこれをすると笑うどころかちょっと怖がるのだとか。
それはニコラがしたらかでは...
f0173324_5433994.jpg

イタリア語って本当にかわいいと思うことがよーくあります。
じゃんけんぽいは「ビン ブン バン」
赤ちゃんのご飯やペットフードは「パッパ」
王子は「プリンチベ」
などなど。

ローマ法王は「パパ」
お父さんもパパで、アクセントが違うだけなので危うく、
「ウチの法王がー」
とかいいかねません、私の場合。
法王の、という単語は「パパーレ」
どこかカワイイ感じがしませんか?

私はおじいちゃんたちが街角で、
「チャーオ!!」
と言っているのを聞くだけでもイタリア語のステキさを再確認します。

文法はけっこう難しいけれど、発音や単語は超スウィート。
イタリア語最高です!
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-24 05:55 | ITALIA

ノヴァーラ

しかし本当に暑いです。今日はここノヴァーラでも30度を記録しました。
ニコラはソファーの上でのたうちまわり、それでも暑かったらしく、ついにソファの下に寝ていました。
そして出ることができなくなってこれまた騒動。

サイクリングがてらにニコラの実家に行くと、シチリア帰りのお父さんが、
「ネコの調子が悪いんだよー。」
確かにしんどそうなネコ、体重11キロ。
出かけていたお母さんに電話をして原因判明。
毛玉でやすくなるようにネコに飲ませる薬を、普通1錠でいいところをダイナミックなお母さん、なんと3錠も与えたとか。
あちらこちらでネタがつきない家族です。

サイクリングではノヴァーラから少し出たところにある水田を見に行きました。
実はノヴァーラ近郊の町はお米の生産がイタリアでも随一でして、電車ででかけても日本でもよく見慣れた水田地帯の風景が広がっています。
でもスケールはこちらの方が大きいです。
しかし稲の植え方はかなりワイルド。
f0173324_2254029.jpg

自転車をこぐのが超早いニコラについていくのに必死で汗をかきかき。
水田を見ながらちょっと休憩。

そしてノヴァーラに戻っていったことのない道を進むと、カップルがいれば大人数で集まってピクニックしている人たちもいる小さな森に出会いました。
側には小川が流れ、ニコラ小喜び。
f0173324_2304116.jpg


しかしイタリアの太陽はかなり激しいです。
顔に照りつける太陽。
美白の意識の強くない国だからみんなやっていけてるものの、やれやれまぶしすぎる。

家への帰り道、たくさんのイタリア国旗を見かけました。
f0173324_2362232.jpg

そうですよー、今夜イタリアがスペインと試合をするのです。
なんだかテレビでも街角でもみんなソワソワ。

そんな雰囲気に刺激を受けたニコラ、実家に戻ると、大スキなアイルランドのサッカー応援グッズを取り出してきて、
「写真とって。」
わざわざポーズをとっていたので、また3枚も撮らせて頂きました。

イタリア勝つといいのですが。不安です。
そしてもしかして勝った後のみんなの路上パフォーマンスもまた心配です。
今日はちょっと控えめにお願いしたい。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-23 02:52 | NOVARA

Novara −土曜の朝

一昨日くらいからここ Novara でもやっと夏がやってくるのを感じられるような天気になってきました。
気温も30度くらいあって、空は真っ青。
雨が大好きなニコラは、
「最近天気悪いよねー。」
といいながら暑さにすでに負けがち。

今朝も朝から一般的にはいい天気。
f0173324_19541350.jpg

ベランダに出て朝日を見て、家の中に入ると、
ニコラ、
「お腹が痛くてあんまり眠れなかったよ。」
と、Tシャツ裏返しの、さらに前後ろ逆で着て朝ご飯を食べていました。
全然気付いてなかったらしいのですが...
お腹がまたしても痛い原因は、炭酸入りオレンジジュースをたくさん飲んだから、らしいのですが、私はニコラが友達と昨日お昼ご飯と夕ご飯の間に食べたピザが、つまり食べ過ぎたのが理由だと確信しています。

ニコラが仕事に行ってから、私はニコラのマンマが買って来てくれたサヴォイアルディを使って久しぶりにティラミスを作ることにしました。
f0173324_19595179.jpg

ただし、ニコラがカッフェ嫌いなので、サヴォイアルディをニコラの分は牛乳に浸して、自分の分は正統派にカッフェに浸して作りました。

初めてティラミス作るまではもっと難しいものだと思っていましたが、意外と材料を混ぜさえすればできることを知ってからはたまに作ります。
イタリアではマスカルポーネというティラミス作りには欠かせないチーズが日本よりは安く手に入るのでうれしいところ。

いまはまだ冷蔵庫で冷やしているところなので今回の出来具合はまだ不明ですが、グルメではないニコラの口に合えばいいなあと思っています。
合わなかったらそれはもうよっぽどですわな。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-21 20:01

キノコとニコラ

ニコラは5歳くらいからおじいちゃんの影響を受け、キノコにハマり始めました。
日曜の朝、こっそり早く起きてはキノコ頭でおじいちゃんにプレゼントしてもらったキノコの図鑑を見て、名前や特徴など小さいながらも研究していたようです。
そしてお母さんに見つかってはベッドに連れ戻されて、その日のキノコ研究終了。
ニコラのお気に入りは、こちらのキノコ。
f0173324_17131645.jpg

おじいちゃんが仕事のない日は、二人で森にでかけてはみんなが食べられないとがっかりするようなキノコばかり集めて来て、キノコを切ったり、ライトを当ててみたりして更なる研究を。

おじいちゃん、本格的なキノコ図鑑ととって来たキノコを見比べて、
「このキノコはこれかもしれないなあ、いや、こっちのキノコかもしれない。」
「.....」
「ボーッ」(わからない...という意味のイタリア語の表現)
なんでもおじいちゃんが「ボーッ」と言う種類に分類したキノコが一番多かったとか。

そしておじいちゃんはこのボッボッボーッという言葉を連発したあと、
「この図鑑がまちがってるのかも。」
「もしかして新しいキノコを発見してしまったのかも。」
などと小さなニコラの前であたふた。

小さいニコラにとって、自分にキノコへの情熱をおしえてくれたおじいちゃんはキノコ博士そのもの。だからおじいちゃんのいうことは本当に正しいと信じきっていたらしいのです。

そんなニコラ、お母さんと家の近所を散歩しているとき、とある庭でとあるキノコを発見。
f0173324_1714124.jpg

すかさずそれを指差し、
「コプリヌス コマトゥス!!」
とそのキノコのラテン語名を叫んだほど、いつの間にかキノコを熟知していてニコママあぜん。
その日からキノコが姿を消す日まで毎日そのお宅の庭に通っていたそうです。

こんなちょっと気持ち悪いキノコのどこがよかったのか。
ちなみにキノコを見ると目を大きくして大喜びしますが、キノコを食べるのは嫌いなニコラなのでした。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-20 17:19 | NICO - 夫

よい夫

いつものことですが、ニコラを今日の朝起こすと、
「何かあったの?」
とまたいいました。
いえいえ、仕事に行く時間だから起こしているのですよ。
そして少ししてから起き上がると、用意したミルクティーをカプカプ飲んだり、ビスケットをひたひたつけながら食べて、スローペースなまま顔を洗い歯を磨いて仕事に出かけます。
仕事に行く服は私が用意して、まだ半分眠っているニコラに着替えさせ、これまた私が用意したカバンをまだまだ眠っているニコラに持たせます。

ちょっとした母親気分を味わっていますが、これでも朝以外は「よい夫」を目指しているニコラです。(本人談)
f0173324_217333.jpg

例えば食事後は必ず、
「僕がお皿洗おうか?」
と聞いてくれたり。
まあ以前からもそうでした。でも洗ってもらったとき、洗剤をつけずにかなりワイルドな感じで洗っていたのを目撃し、
「洗剤つけて洗ってね。」
と離れたところから言うともう一度全部洗い直していたこととかを考えると、わたくしお皿は洗わせて頂きます。

一昨日などは、取り込んだ洗濯物をちょっと置いてあったら、次に洗濯物を見たとき、なぜかぐちゃっと変形していました。まさかと思って聞いてみると、
「たたんでおいたよ。」
とニコラさん。
洗濯物の何ともいえないくらいぐちゃっとしたかわいさが今も目に焼き付いています。

そんなこんなでニコラなりによい夫としてがんばってくれているのがとってもうれしい私ですが、外に出かけて他の夫婦を見かけたり、カップルを見かけたりして、
「あー、イタリア人男性って無邪気で本当に子供みたい。」
と思うことが多かったりします。

そりゃマンマも色々世話を焼きますわ。
だって放っておくと何をやらかすやら、何もしないやら、不安ですもん。

ただ、ニコラは神経質では決してないところが大変やりやすいです。
「まさか今日もシャワーしないといけないとかいうことないよね?」
とか聞いてくるくらいですから。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-19 21:10 | NICO - 夫