io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ITALIA ( 84 )

オランダにしてやられる

6月7日からUEFAの欧州選手権が始まり、私はニコラと開幕から1試合も欠かさずにサッカーの試合を見ています。

昨日はついにイタリアがオランダと戦う日。
朝から公園ではおじいちゃんたちがサッカーの話に超熱くなり、いつもよりも身振り手振りが激しい感じ。
そして街の中心部のとあるアパートの1室のベランダには何とオランダの国旗が...
なかなかやりますなあ。挑戦的です。
それを見てニコラ大興奮。
f0173324_18131363.jpg


ついに試合の時間に。
国歌を歌うところも逃さずに見て、20時45分にキックオフ。

アイスを2口食べただけでお腹が痛いというニコラをよそに私は試合に熱中。

ところが....
前半のうちに2点もいれられたのです、オランダに。
きゃー。きゃきゃー。

テレビの中継のアナウンサーも
「サッカーをしてほしい」
と言って怒る、
ハーフタイムには他のサッカーのテレビ番組で大の大人の男性10人が本気で語り合い、怒りまくっている。
誰が悪いとか、後半はこうするべきだとか。

そして後半が始まり、メンバーが替えられたものの遅過ぎて、そしてオランダの攻めがすごくてどうにもこうにも。
私は放心状態に。
あれよあれよという間に試合終了。

そんなバカな...
テレビ番組では、
「イタリアの危機」
「ここ20年間で最悪の試合」
「前監督に戻って来てほしい」
と大騒ぎ。

気付けばなぜが横で汗だくのニコラ。
「この部屋熱いよね。」
私は長袖で余裕ですが。そして最後に落ち込む私にニコラが一言。
「It's football.」

あー。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-10 18:37 | ITALIA

マンマコンプレックス

f0173324_2281281.jpg

イタリア人男性はマザコンだってよくいわれてますが、
私が思うに、イタリアのマンマたちがたくましくて世話好きな上に
息子たちが何もできないと思って (実際そうかも) 色々してあげすぎなところが原因なんじゃないかと。
それに慣れてしまった息子たちはもはやマンマなしではやっていけなくなるんじゃないかとよく考えています。

しかしマンマたちは超かわいいのです。

例えば、私の友達はスペインに彼女と旅行に行く時のカバンの準備をすべてマンマに頼みました。
スペインについてカバンを開けると、びっくり。
真夏10日間の旅行にも関わらず、Tシャツ3枚だけ、ほかには3人くらいで着れそうなくらい大きい、買った時から誰も来ていなかった黄色いバスローブが。
彼は3枚のTシャツを手洗いしつつ何とか旅行を乗り切りました。

しっかりしつつも笑いをかかさないまんまたち。
f0173324_22103334.jpg

うちのニコラのマンマ (ニコママ) は仕事命の超モダンマンマ。
ニコラの食事は冷凍食品が中心でした。
しかしニコラが病気となるとそれは一大事。

一度家に様子を見に来たものの、家に帰って薬を探して雨が降っているのに自転車でまたマンションに来て薬をポストに置いていってくれました。
私はその愛情にちょっと感動。

しかし後で薬を見てみると、薬の服用期限は3年前に切れていました...

一人息子の嫁なのに私に全然焼きもちもやかず、いつもすごく優しくしてくれるニコママ、マルゲリータさんは超ステキです。

でも...
きっと私のためを思って買って来てくれた「冷凍スシ」にはまだ手が出せずにおります。
f0173324_22152985.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-06-08 22:17 | ITALIA

サブマリン

f0173324_22173041.jpg

barzelletta(バルゼッレッタ) ってご存知ですか?
イタリアの短い笑い話のことなんですが、私は大好きです。
イタリア語を完璧には理解できていない私には多少笑うまでに時間がかかることも
ありますが。

私のお気に入りのバルゼッレッタはとくにcarabinieri (カラビニエーリ、警察の一種)に関するものです。
carabinieri にまつわるものが多いのは、carabinieri はイタリア南部出身者が
多くてからかわれる対象となりがちだからです。
私が初めてcarabinieri を見た時はかっこいい制服だなあと見とれたものですが。

昨日新しく知ったバルゼッレッタは、
 海中に polizia (他の種類の警察) とcarabinieri の潜水艦があります。 
 どちらが carabinieri の潜水艦でしょう。

 正解は、ノックして扉を開けてくれた方が carabinieri の潜水艦です。

わかったでしょうか。
深い海の底で潜水艦の扉を開いたりしたら...

実際にニコラが働く店でちょっとした騒ぎが起こったとき、carabinieri に電話すると
ゆっくりと1台のパトカーで二人の carabinieri が登場。
しかし店の外では彼らの想像を超えるような騒ぎが勃発。
すると彼らはもう1台のパトカーと呼び寄せ、2台のパトカーが店の近くで待機。

彼らが店に入ってきてニコラに
「騒ぎのほどは?」
と聞いたのはそんな騒動が起こったとは誰にも分からないような静けさが店内に
戻った後でした。

私は「二人の carabinieri が...」と聞いただけで笑ってしまうくらい気に入ってるんですけど、carabinieri。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-05-29 22:19 | ITALIA

魚のように...

f0173324_215420100.jpg

イタリア語ではよく
rosso come un peperone (唐辛子のように赤い)
bianco come il latte (牛乳のように白い)
giallo come un limone (レモンのように黄色い)
noioso come una zanzara (蚊のようにうっとうしい)
というようにさまざまなものから色や形容詞を表現します。

最近テレビのCMで気になる表現に出会いました。
sano come un pesce
つまり、魚のように健康的。

魚って...
sei sano come un pesce (きみは魚のように健康的だね)
とかいうらしいのですが一筋縄に喜べない表現であります。(私には)

ニコラに聞いてみると、
「魚って生き物のなかでも病気にかかりにくいし、病気にかかっていても
 見た目にはよくわからないからだよ。」
とのこと。

魚については
muto come un pesce (魚のように無口)
come un pesce fuori dall'acqua (水から出た魚のように居心地が悪く感じる)
などなど他にも表現があるらしいのです。

しかしイタリアに住んでいて、
sei muto come un pesce (きみって無口だね)
という表現をいつ使うのか。

ボキャブラリーのタンスの肥やしになる率ナンバーワンの表現に決定です。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-05-28 21:56 | ITALIA