io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ME - 私( 160 )

KYOTO

今日以前撮った写真を見ていて、京都のことを思い出しました。
大学時代の4年間と、仕事をしていたときの何年間かをすごした京都。
ニコラと3ヶ月間一緒に暮らした京都。

本当にいい想い出がたくさん詰まった街です。

どんな場面も絵になる京都。
伝統と今が調和している京都。
朱色が似合う京都。

ああなつかしい。
f0173324_18573239.jpg

f0173324_18584829.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-09-26 18:59 | ME - 私

同感です

昨日は先日出会った日本人の方とまた会っちゃいました。
彼女のダンナさんも一緒に。
ウチのニコラは仕事でいなかったので3人でした。
ニコラ、無職な妻を許して下さい。

しばらく公園で話していたんですが、ちょっと涼しくなったのでノヴァーラの劇場近くのカフェに移動。
f0173324_17444498.jpg

私は入ったことなかったんですけど、配色がカワイイですよねー、ここ。

それで、ですよ。
私と彼女が何について一番分かり合ったかというと、イタリア人との言い合いについてです。
まあ色んなことでそりゃあ意見が違いますよねえ、夫婦でもカップルでも。
そこで私たちは意見が違うならお互いそれでいいじゃん、と意見を述べ合った時点でハーイ終了、としたいわけなんです。

ところがイタリア人 (私たちのダンナだけですかねえ) はそうはいかない。
意見が違うならとことん分かり合おうとしてさまざまな質問を投げつけまくってくるんです。
自分の意見はかえないくせに。
最終的にはケンカ気味になってしまうことが分かってるから私は意見交換で終わりにしたいんですけどね。

他にはですねえ、5分くらい静かにしてると、
「どうしたの?生きてる?」
とか突っ込まれるイタリア。
たとえ自分たちが話しまくって相手に話すスキを与えなくても!!
考え事することだってあります、私でも。
これについても理解し合った私たち。

あとはですねー、私たちが話すことについてなんでもその理由を知りたがるんです、ダンナ。
彼らは自分で相手を察してどうこうとかあんまりなくて、
「Perche'?? Perche'?? (なんで??)」
ととりあえず聞きまくりです。

ありますよねー、自分が考えていることでもそれがどうしてかって言葉はうまく説明できないこと。グレーを保ちたいこと。
不可能です、こちらでは。

私はイタリアが大スキで理解しているつもりでも、やっぱり文化は違うのねー、としばしば実感します。
けっこう物事をはっきり言う私ですらこう思いますもん。

お互いを理解するには察し合うことを重んじる日本と、話し尽くすイタリア。
中間ってないんでしょうか。

とにかくイタリア人には理解できない日本人の気持ちを話し合えてよかったねーと私たちの談合第1回は4時間後に閉幕したのでした。
久しぶりに日本語で長時間話したので何だかスッキリしました。

めっきり秋っぽくなったノヴァーラの公園を最後に。
f0173324_1841974.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-09-25 18:04 | ME - 私

ミネストラとブラックアウト

すっかり寒くなったので、以前サラダにして食べていたプチトマトに全く興味がなくなった私たち。
でも冷蔵庫の中でシワシワになりつつあったのでこれはいかんと思い、今日はミネストラを作りました。
最近食べ物の話ばかりしてますよねえ、私。

いつもは大きいサイズのトマトを入れるんですが、今日は余っていたプチトマトと、タマネギ、人参、セロリ、ジャガイモ、あとはパンチェッタ (塩味の効いた角切りベーコンのようなもの) を入れました。
野菜を切って、炒めて、煮込むだけでいいので私はミネストラが大スキです。

ミネストラを作る時に必ず入れるのが、濃縮トマトのペースト。
f0173324_2054519.jpg

ニコラはこれもチューブから出してそのまま食べるんです。
相当濃いはず。
大さじ2くらいをミネストラに入れると、トマトの味がきいてとってもおいしくなります。

このミネストラにパルミジャーノのチーズをわしゃわしゃかけて、パンを浸して食べてます。
冷蔵庫にあまり過ぎるほど入っているチーズの消費も促進しつつ。

以前壊れてから、私がずっと助け続けて何とか洗濯してくれていた我が家の洗濯機。
今朝スイッチを入れたらブレーカー落ちました。
ついに壊れ切ったんですかねー。
しかしブレーカーの落ちる何とも言えないカチッという音。
淋しさ満開でした。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-09-17 21:02 | ME - 私

カボチャ

今日は昨日とは全然違うかなりの晴天に恵まれています。
肌寒いのは肌寒いんですが。
イタリアの空の青さは本当にステキです。

さて、昨日の夜はカボチャコロッケを作った時に残っていたカボチャの半分を使ってカボチャのリゾットを作りました。
イタリアのカボチャは日本のものほどベタベタせず、使いやすい気がします。
f0173324_1854116.jpg

リゾットを食べればパスタが恋しくなり、パスタを食べればピザが懐かしくなり、ピザを食べればサルシッチャ (イタリアのソーセージでこれがまたおいしい) が無性に食べたくなり...
ただし今日は焼き肉が食べたい気分です。
イタリアのかったーいお肉に比べれて日本のお肉の柔らかさといったら。
ニコラのおじいちゃんの焼き加減で料理されたお肉なんておせんべいみたいなんですから。
あー。
あー。あー。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-09-16 18:55 | ME - 私

スフレチーズケーキ

今朝は7時になっても暗いままで、この世の終わりのような空模様でした。
その後、カミナリと大雨...

10時くらいになってやっと晴れ間が見え始めたので洗濯ものをベランダで干していると、男性の大歌声がどこからか聞こえてきました。
ふと向かいのマンションのベランダを見ると、窓を修理していたおじさんが大声で楽しそうに歌っていたのでした。
あんなに楽しそうに窓を修理する人、初めて見ました。
ベランダにちょこっと出てきたそのお家の奥さんに、きっと、カッフェが入りましたよーと言われたのであろうこのおじさん、
「いきます、いきますー。」
とこれまた大声で返事。
おじさんは自分の使っている工具の音が大きいので自分の歌声は聞こえていないと思っていたんでしょうけど、工具の音よりはるかに大きかったイタオヤの歌声。
最後には、
「へクチューン!!」
とくしゃみが聞こえてきました。そうそう、寒かったですもんね、今朝も。

話題は変わり、今日はスフレチーズケーキを作ってみました。
わたしにしてはえらい意気込んでみました。
メレンゲもうまく泡立ち、道具がそろっていないわりには普通な仕上がり (のはず)。
ただ、オーブンには天板が付いていなかったので、大きめのタルト型にお湯を入れて蒸し焼きにしました。
オーブンから出した直後がコチラ。
f0173324_20493091.jpg

ちょっとオーブンの温度が低かったようですが、まあいいか。

「チーズ (クリームチーズですが) をお菓子に使うなんて信じられない。」
と言っていたニコラに受け入れられるかは分かりませんが、ダメな場合は私が責任を持って処理したいと思います。

今日から La prova del cuoco という番組が復活しました。
お昼時に放送される料理番組で私のスキな番組の一つです!!
秋は料理にでもハマってみますかねえ。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-09-15 20:56 | ME - 私

あれから一年

昨日9月11日は私たちにとってちょっぴり記念すべき日でした。

私たちが初めて会ってからちょうど1年だったんです。
1年前の9月11日にノヴァーラのこちらのベンチに座って二人で色んな話をしていたころは、まさか1年後にニコラと結婚していようとは思いもしていませんでした。
f0173324_17134622.jpg

いろんな想い出話をしてイロイロ振り返ると、ニコラと出会えてよかったとふつふつと思えてきて、大泣きしました。
(多分その話の前に見ていたドラマの最終回の影響も多大にあり。)

昨日は入籍してからこれまたちょうど3ヶ月。
ニコラの忍耐がずーっと続きますように。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-09-12 17:14 | ME - 私

大洪水

やれやれ、本当にビックリしました。
もうだめかとも思いましたよ。

今朝、ニコラが仕事に出た後、洗濯機をスタートさせてテレビのニュースを見ていたら、洗濯開始後30分後くらいに何だか水のしたたる音が洗濯機の方からするではないですか。

人生で一番速く走って洗濯機にかけよるも時すでに遅し...
洗濯機のあるバスルームは水浸し。
洗濯機から水が吹き出ていたんです。

タオルで床を拭いては絞り、拭いては絞り。
こんなに忍耐があったなんて、意外と自分は日本人だったんだなあと痛感。
ようやく拭き終わったころ、何を思ったか洗濯機のドアのあたりが気になり、開けてしまったんです、そのドアを。
イタリアの洗濯機は都合の悪いことに、日本でいうと乾燥機のような形のものがほとんど。

ドアを開けた瞬間、ザッパーンパーンとそりゃあもう激流みたいに水が私に向かってきて、あわててドアを再び閉めるも水の勢いには相当苦戦。
思い出しました、ディズニーランドのウォーターマウンテン。

ようやく拭き終わった床には4センチくらいの高さにまで水があふれでてしまっていて、大げさな話、私の人生そこで終わったかと思いました。

3つのタオルを駆使して水を拭き取っていたんですが、さすがに私の忍耐も底をつきかけ、それでも意地をふりしぼって最後まで拭きました。

そんな中、私のアタマをグルグルと回っていたのは階下の人のお家です。
映画でもたまにあるじゃあないですか、上の階から水が漏れてきて...
いつ下の階の人が怒鳴り込んでくるかそれはそれは心配だったのですが、1時間くらい水と格闘していても、誰からも何のクレームもなく。

ニコラは仕事なので、いつでもすぐに返事をしてくれるニコママにメールすると、まあ何も言ってこないなら下の人には被害がなかったんじゃないかと言ってくれました。
いや、でもなぜかこの沈黙が妙に気持ち悪く、私はまだ一人で心配しています。

3時間くらいたった後、ニコママの指示で洗濯機をリスタートさせるとこれが普通に動きよるんです。
何だったんでしょうか、まったく。

普段はたいした回転もせず、洗浄力に満足のしていなかった我が家の洗濯機。
今日は我が家のバスルームの床をかなりの水量で洗濯してくれました。
しかし脱水はなく。

あー死ぬかと思った。
f0173324_20494267.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-08-27 20:50 | ME - 私

うちのムッカは...

以前ブログにも書きました、我が家のムッカエクスプレス。

最近まったく夏休みモードでして、さっぱり使えないカプチーノメーカーになってしまっています。
なにをかくそう全然アワがたたないのですよ。
音だけは一人前に立てまくるのですけど、フタを開けてみるとアワなしのカフェラッテが出来上がっていています。

仕事をしないくせに涼しそうな顔をしているムッカエクスプレスに私はイライラ。
ニコラは、
「マッ。」
たしかにマッですよ。

使い始めてからそんなに経ってないのに、もうすでにアワも立てられないなんて。
インターネットにつなげられないパソコンくらい使えません。

やれやれと思って洗濯が終わったか洗濯機を見に行くと、いつもながらに休憩しているウチの洗濯機...
すすいでいるフリをして止まっているんです。

横では腕の血がにじんだ傷を見つめるニコラ。
おととい柔道を始めて見て、相手の背中をとりあえず床につければいいと思ったわたしの主人。
昨日早速ニコネコと対戦してはじめはニコネコの背中を床につけることに成功していましたが、ネコにも学習能力が。
最終的にはニコネコのネコカキにてニコラの1本負け。
その時負った傷をつらそうに見つめてるんです。
(ちなみにニコラもヴァカンツァ中。)

どこもかしこもヴァカンツァモードの我が家でした。
最後に我が家のベランダから見える夕焼けでもどうぞ。
f0173324_21454418.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-08-13 21:47 | ME - 私

Pechino

ついにオリンピックが開幕しましたね!!

私はハッキリいいまして全く開会式に興味がなかったのですが、テレビのチャンネルをかえたら偶然開会式の生中継に行き当たりました。
もうそれからは釘付けだったんです、テレビに!!
イタリアでは14時から18時くらいまで中継で放送されていたんですが、私がまず衝撃を受けたのが、中国人女性の美しさとスタイルの良さです。
いやー、口をぽっかり開けて彼女たちの美しさに見とれていました。

次に聖火点灯!! (私が見たのはごく最後の方だけだったんです。)
超感動しましたよー。

とにかく私は中国という国のパワフルさと、ハイテクさと、歴史の深さと、美貌に相当打ちのめされまくりました。

しかし、しつこいですが中国人女性は美しかった...

今朝はイタリア人が自転車のロードレースで銀メダルを取りました!!
ドーピング問題で揺れていたイタリア自転車競技界ですが、底力を見せつけた感じでしょうか。

今は水泳を見ています。
スポーツ観戦大スキです。ただし本当に見るだけです。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-08-09 21:36 | ME - 私

はじめまして。

こんにちは。
私は4月の終わりからイタリア北部の町、Novara で暮らし始めました。
Novara はミラノから電車で40分くらいのところにある小さすぎず、大きくはない町です。またどうしてここに暮らしているかというと、ありきたりですがイタリア人との結婚を予定しているからです。
イタリアに留学していた時とはまた違う、イタリア人の中にまみれる生活は思っていたより悩みにとんでいたり、でも信じられないくらいおもしろい人や出来事があったりと悲喜こもごもです。
このブログではささいな出来事やあり得ないことまでイタリアならではのことを綴りたいと思います。
笑いあり、苦労大いにありのイタリア生活、始まりです。
f0173324_224474.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2008-05-21 22:05 | ME - 私