io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

金運薄

ハー。
今日は雨がぱらつき、気温は12度と寒いノヴァーラです。
しかしもっと寒い出来事が。

昨日ついに私は貯金を大量におろす決心をしました。
なぜなら昨日の夜の段階で1ユーロ116円にまでになり、もしかしたら月曜には反発してしまうかもと思ったからです。
待ちに待った1ユーロ116円!!

ATM にカードを差し込んだ瞬間、悲劇は起こったのです。

カードを差し込んでも ATM の画面は変化しない、つまり私のカードは中に入り込んだのに、機械はカードを読み込んでいない!!

や、やられた...
カードは機械に食べられてしまったのです。

たくさんの人がその ATM にお金を下ろしにくるも、私のカードが ATM をブロックしていて、使えない状態。
みんなに同情されつつ私たちもとりあえずその場を去りました。

買い物に行って戻ってくると、なんと ATM が動いている!
どうして動いてんねーん、私のカードは吸い込みよったくせにー!!
でも私のカードの影も形も見当たらず、ハー、完全にアカンわーと思ってへこむこと一晩。

朝一番で銀行に行くと、いくらカードが ATM から取り出されても銀行の規則として、そのカードの発行元の銀行、つまり私の日本の銀行に送られ、それから私のもとに返ってくるかもしれないと言われ、さらにへこむ私。
そんなに待ってはいられません。

いつもルールを曲げるのは得意なんだからさー、とニコラと銀行員にするりするりとすり寄りましたが、変なところではルール厳守な彼ら、アカンのですよ、と私たちの希望を打ち砕いてくれました。

あーあ、そうこうしているうちにまた1ユーロ160円とかになるんだと思うともはや立ち直れない私。

しかしこうなればもう日本の銀行に電話して、吸い込まれたカードをブロックしてもらい、新しいカードを送ってもらおうと方向を転換しまして。
いやー、日本の銀行は24時間365日電話対応してくれるし、落ち着いていて、仕事も速いし、すっかり私に落ち着きが戻ってきました。
オペレーターの方の落ち着きとは逆にイタリア人化しつつある私はせっかちもよいところで、電話中もハズカシかったです...

こんな大チャンス時にお金を引き下ろせないなんて、私ってやっぱり金運に恵まれていないのねえー、と精神的にムダに大きなダメージを受けております。

2週間くらいしてカードが手元に届いても、こんなレートのよさには二度とめぐまれまい。
みなさん、日本の銀行のカードをもってこられる時には口座番号をメモっておいて下さい。基本ですが、大事です。
そんなことすらしなかったのは私だけでしょうかね。
f0173324_21373841.jpg

気紛らしに昨日の散歩で撮った公園の写真を。
[PR]
by ioscelgonoi | 2008-10-27 21:40 | ME - 私