io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

Una esperienza meravigliosa

実は昨日の5月31日で私の3ヶ月の仕事が終了しました。

しかしケイタリングは今のところ続ける予定。
なので今日も朝からミィーティングに参加してきました。

ちょっと早めに仕事先に到着すると、ワタクシのボス、といってもいつも見とれちゃうくらいオッシャレーな35歳の女性がチャリでサ〜ッと到着して、
「3ヶ月間のこと、話してよ〜。」
というので、私が参加していた4、5つのプログラムについてそれぞれよかったところ、改善できるんじゃないかと私が思うところについて30分くらい2人で話しました。

で、3ヶ月間仕事をやり遂げたうれしさと、一応公式的には仕事先の団体との契約が切れたかなしさとで涙が込み上げてきた涙もろいおばはんのワタクシ。
そんなワタクシを見てこれまた涙もろかった彼女も泣き始め、私をギュギュッと抱きしめてくれました。


性格とか何から何まで全然タイプの違う私とボスですけど、「涙を流すことで感情をコントロールすることができる」と考えているのは同じでした。
涙を流すとなんだかスッキリして高ぶっていた気分が落ち着くことってございますよねー。
え?そんなに感情高ぶるのは私くらい??

イタリア人男子の同僚からはペルー産のイルカの木彫りがついた微妙なペンダントを頂戴いたしました。
彼とは一緒に仕事する機会が多かったからか、色んなことについてふか〜く話しました。



6月からは主婦に戻ってしまう私ですが、この3ヶ月で出会えた人たち、その人たちから学んだこと、ノヴァーラで築いた自分のまだまだ小さい基盤をこれからの前進の原動力にしていきたいなあと思いながら夕ご飯の支度をしました。


思いっきり逆光ですけれど、近所のかなり古いらしい教会です。

f0173324_3194212.jpg

[PR]
by ioscelgonoi | 2010-06-02 03:21 | ME - 私