io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

オリーウッドゥ

いきなりですが、来月イタリア語の検定を受ける予定のワタクシです。

昨日はそんなこんなでノヴァーラ県のプロジェクトの同僚たちとイタリア語検定の模擬試験を受けに行ってきました。
実際受験するレベルより一つ下の、5年ほど前にすでに合格しているレベルの模擬試験だったので難しくはなく、油断して退屈していた私の耳に突然入ってきた単語が「オリーウッドゥ」。

一瞬考えました、何ソレ?油断している場合じゃあなかったんでは??

3秒後、ナゾが解けました・・・
HOLLYWOOD のことだったんですねえ。
イタリア語のアルファベットには H が存在しないので H は発音せず、残りの部分をイタリア語っぽく発音したら「オリーウッドゥ」。
なるほど。


イタリア人が発音するスキャンダラスな英単語についてはもう1つネタがありますねん。
先日のケイタリングの仕事で、私がメニューをボードに書いていたのですが、私に何を書くか指摘していた上司が言いました。
「じゃあ次はセルヴィチェって書いてね。」
ワタクシ、またまた固まりました。
セルヴィチェ・・・私知らないイタリア語の単語が多すぎるなあと思いながら言われるがままにセルヴィチェと書き、それをよくよく見ると。
「SERVICE」!!何のこたーない、英語でサービス!


いけません、いけません。
自然と忘れ去りかけている英語がイタリア人とイタリア語によってどんどんよからぬ方向に影響されております。
computer の er とか英語特有の発音をするのがもはや恥ずかしくなっちゃって。
コンピューテルと言ってしまう〜。ケイタリングももはやカテリングと言ってしまう〜。

なので時間を見つけたら以前受験したかったけれどできずに終わったケンブリッジ英検に向けて勉強をしたいなあと思います。

そんな時間あるならイタリア語がんばれば?と夫に言われそうなのが目に見えます・・・
[PR]
by ioscelgonoi | 2010-05-20 06:03 | ITALIA