io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

あれ?こんなはずじゃあ・・・

今日も寒空の広がるノヴァーラ、お腹周りの脂肪を気にしつつ、それでも先日焼いたブラウニーを食べながらブログを更新しております。


昨日の夕方、ドイツ留学中の友達とスカイプをしたあと、重い腰を上げてしばらく切っていなかった髪を切ることに!!
少し前に落っことして調子が悪くなった無印のカット用はさみを取り出して準備万端。
始めはすそを5センチくらい切るだけのつもりでおったのですが・・・

やっちっまいました。

若い頃から短い前髪がスキなのですが、昨日もなんとなく前髪を切っていたら、あーここも、そこも、もうちょっと切ってみるかな、の調子で順調に切り進み、まあこれでいいか、で昨日の夜は終了。
でもあの鈍感な夫が気付くほど短くなった前髪。
シャワーを浴びて髪を洗って、目覚めた今朝・・・

私の歳でこの前髪で出歩いちゃっていいのか。
鏡を見て自問自答すること5分。
やっちゃったものは仕方ない、このまま突き進むことにしました。
個性ですよね、個性。
せやせや。


そういえば、我が家に9年もののクルマがやってきまして、夫は真夜中の運転練習をしています。
夜は人が少ないしねー、といっても摩周湖でもないのに霧がえーらい出ています。

昨日は午前中も、そして真夜中もノヴァーラに帰ってきていた舅と練習。
舅は「クラッチふんでー!」「アクセルをズィィィィィとふんでー!」と必死でアドバイスするんですけど、あんまり繰り返すもので、ド素人の私でもどうやってミッション車を運転するのか覚えちゃったくらいです。

舅:「クラッチを放しつつ、エンジン音聞いてアクセルふんでー!」
夫:「エンジン音なんて聞こえない。」

舅:「ボクが信号やるから、あ、ほら、信号が赤になった、停まって!」
夫:「信号なんて見えないのに急に停まれない。」

数々の言い合いの後も夫がノロノロ走っていると、舅は「ニコ、時速2㌔くらいで走るなら走らない方がマシ、もっとアクセルふんで。」といいますが、初心者が時速40㌔で走っていても練習に付き合っている私としては心臓がドクンドクンします。


ああ、どうか前髪がハイスピードで伸びてくださいますように。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-11-25 22:36 | ME - 私