io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

なんでもオープンで不可解

今日はくもりです!!

みなさん、かなりの確率で運転免許を持っておられると思うんですが、日本なら懇切丁寧な自動車学校という存在がありますよねー。
確かに料金はイタリアの10倍くらいかかりますけれど、不安とかって10分の1くらいだと思うんです。

なぜなら、イタリアでは筆記試験をパスすると、いきなり車で路上に出されるから。
私なんかどうやって車を発進させるかも知らないのに、どうしたらいいんだかー!!
聞けませんよね、「アクセルどれですか?」とか。

実習車はメルセデスとかフォルクスワーゲンとか、ドイツ車がノヴァーラでは多いです。

問題はです、イタリアの路上実習の時の教官はいじわるで有名なこと。
夫は先週の土曜日から合計5回路上に出ていますが、隣に乗っている教官がウワサ通り、すんごいいじわるらしいんです。

夫の友達には実習の途中で怒り狂って車を降りた人、少なくとも二人。
何か間違ったら「そこまでいいますぅ?」なほどに注意をされるんだとか。

それで、実習がほぼ終わりの夫が昨日教官に聞きました。
「どうして教官ってそんなに生徒の神経逆なでるようなこと言うんですか?」
私なら聞けませんけど?
すると教官は、「実際の本試験では試験官が受験者を落とそうとして故意に怒らせたりするから、それを想定して教官って厳しくするようにしてるんです!」と答えました。

そんなことをする意味が分かりませんけど、とりあえず夫のことは試験で落としてくれませんように、と祈るばかりです。


それにねー!!
イタリアの路上実習(ノヴァーラの夫の学校だけ?)では生徒と教官の他に、順番待ちする他の生徒もいっしょに車に乗り込むそうなんです。
たっだでさえ緊張するのに、他の生徒にも見られちゃうなんて、寿命縮みます・・・

そういえば、イタリアの学校では、いきなり生徒が指名されて、習った範囲のあることについて先生がした質問にその生徒が口頭で答える、という interrogazione があるそうです。
一問一答とかじゃなくって、ある事柄についてクラスの生徒みんなの前でそれを説明するんですよー!
日本じゃありえません。
教科書を丸暗記してもバレバレ、話せなくてもダメダメ。
日本みたいな受け身学習じゃないんですねえ。

そういう他の人がいる前で自分が何かをしなくてはいけない、という場面がイタリアでは多いと思います。運転にしても、学校生活にしても。
だからイタリア人ってあんなに自分のことについて語れるし、へりくつもいえるし、なんとなく度胸がすわっているんじゃないかしら?と思ったりします。


補足ですが、運転免許をイタリアで取る場合、自動車学校に払うお金の他に、筆記試験に59ユーロ(中途半端)、さらに実技試験(?)にも29ユーロ(こちらも中途半端)に14、62ユーロの収入印紙2枚が必要です。
日本の免許からイタリアの免許に替えるのと結局同じくらいのお金がかかるんですねー。
私には替える免許証、ないんですが・・・
どうせイタリアに住んだら左ハンドルだしとかなんとか言わずに、日本で取っておけばよかった、と後悔してます。
イタリアで免許取得なんて、筆記は丸暗記するとしても、実技がぁぁ・・・
「免許を取りに実家に帰らせていただきます。」と言わなければいけなくなりそうな。


みんなさりげなくしているけど、車を運転できるって私にとっては神業に近いことです。
尊敬いたします!!
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-10-23 19:29 | ITALIA