io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

おじ伊さんたち

それは先日、私がムシャクシャ感と軽い悲壮感にかられて思わず一人で Win fo life! というくじを買いにいったことから始まりました。

10この数字を一度は用紙にマークしたものの、いや、変えよう!と思って別の用紙を取ろうとしたその時です。
私の近くにいたおじさんがスススーっとさらに近付いてきて、
「何か分からないことある?」
いえいえ、ワタクシこう見えましても、賭博中毒ではありませんが、システムはよーく存じてます。
私:「いえ、数字を変えようと思って。どうせ当たらないんですけれどね〜。」
おじさん:「そんな弱気やったらアカンアカン!10個とも数字、当てるつもりでいかんとね!!」
私:「今までに賞金獲得されたことありますか?」
おじさん:「(ナーニをいうねん的な表情で)モチロンあるで。」

いつ終わるともタイミングの読み切れない会話をして、おじさんは窓口に支払いにいきました。

私もおじさんのうしろに並んで順番を待っていると、徐々にクリスマス関連のものを売り始めていたこのタバッケリーアの窓口の上に置かれていたトナカイのぬいぐるみをおもむろに手にとった店主さんが、
「音楽でもかけましょうか?」
と言ったら、支払い中のおじさんは、
「せやせや、音楽でもないとやってられへんわ〜。」(って、勝つんでしょう?)
ときて、店主さんがトナカイの鞍についていた「スイッチ」を ON!

すると♪ジングルベール、ジングルベール♫ というおなじみの曲が流れ始めた店内。

体を揺らして踊るトナカイのぬいぐるみ。
おじさんたち二人、ニヤ〜リうれしそう。
隣にいた店主さんの奥さんとおぼしき女性も私の方を見てニーッコリ。(半ば夫にあきれた感あり?だってご主人、スイッチの場所知りませんでしたし。)

和やかかつ、フシギな雰囲気に包まれた店内。
みんなキリキリしていなくっておだーやかな感じで、癒されました。
その3人のおかげで私のムシャっと感が消えたんですー!!
イタリア人に癒し効果まであったなんて!

でも結局予想通り、私は賞金をかすりとることもできず、1時間後にはちょっとしたムシャクシャ感の再襲来に遭ったのでした・・・

出かけるたびに私にネタを提供してくださるイタリア人のみなさんには本当に感謝しています。
家の近所に、こんな近いところに私にとっての笑いのネタがコロコロしているなんて、最高です。

小さなことでムシャっとしていた自分に反省しつつ、いい加減、2ユーロでもいいから勝ち取ってみたいと思った私でした。
やはり小さひ・・・
f0173324_18281759.jpg

クリのようにイガイガしていたこの日の私でした。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-10-15 18:30 | ITALIA