io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

イタリアで初選挙(私的にです...)

6月6、7日の週末にイタリアでは欧州議会と地方自治体(県や市など)の選挙がありました。

選挙運動 (campagna elettrale) 自体、日本のものとは全然違い、ウグイス嬢が候補者の名前を連呼したり、「最後の最後までみなさまにお願いに参りました。」というセリフを聞くことも全くなくて、
イタリアのそれは、テレビで党首がいつもよりジェスチャー多めに熱論を繰り広げたり、チェントロにブースを設けて党のアピールをしたり、自宅にいろんな党から手紙が届くくらいのもので、テレビをつけなければ、「ああそういえば選挙あったよね〜。」の一言で終わる期間でした。

ある政党の党首は「イタリア国民は信じられないくらいスバラシイ!!私はあなたたちを愛しています!!」と言っていたのを聞いた時にはビックリしました。
や、確かにイタリア人は「ある意味」信じられないくらいにスゴいですけれど...

そして土曜、日曜の投票を経て、開票の結果ですが。
欧州議会の議席 (seggio) に関しては、与党 PDL (Popolo della libertà, 党首ベルルスコーニ) 約35%、Lega Nord (党首ボッスィ) 約10%、最大野党 PD (Partito Democratico, 党首フランチェスキーニ) 約26%、そしてその他にも4%以上の得票があった計5政党から得票率などの要素にに応じて議席が分配されるらしいです。

今のところ Provincia や Comune などの選挙の結果についてはまだ判明していないはず。

私が驚いたのは投票率です (affluenza alle urne)!!
欧州議会で約66、5%、Provincia で70、5%、Comune で76、7% の投票率!
高いですよね〜。日本と比べるとかなりの差が!
それでも前回の選挙の時よりは3つとも低かったようです。

ちなみにうちは夫が投票に必要な書類をなくし、再発行してもらえるのも面倒がって結局投票に行かず。
舅も姑も行っていないはずです...
投票はイタリアでも国民の権利かつ義務なはずなのにあっさり放棄な家族たちです。
私は外国人ですから選挙権はないですし。
そんな私でも政治家の顔を見ればだいたい名前が分かるくらいにニュースだけは見ています。

でも投票はしなかった夫ですら、夜中まで開票状況を放送するテレビを見ていました。
だったら投票すればよかったのに〜。

とにかくなんだかちょっとソワソワした感がまた一つ減ったイタリア。

選挙のことはさておき、土曜日にノンノ宅にまたまた行く時に一両編成の電車から撮った水田風景をお伝えしたいと思います。
f0173324_22301410.jpg

不況にも、選挙にも影響されることなく、穏やかな田園風景がノヴァーラの郊外には広がっています。
(異臭はもうしません!!)
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-06-08 22:33 | ITALIA