io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

私たち in 来週スイス

毎日かなり暖かく、むしろ暑いくらいのノヴァーラです。
4月はイタリアのあちこちでここ200年で一番の降水量を記録したというのが信じられないくらいに雨が降りません。

さてさて、私たちはとある用事で来週スイスに行く予定です。
昨年8月にミラノに来てくれた友達がスイスでスイス彼と結婚するんですが、彼女は私を証人に選んでくれたので、結婚式に出席することが目的です。
元々は私が一人で行くつもりだったのが、私が日本にいる間ダメ人間化した夫に切実に訴えられ、友達にお願いして二人で行くことにしたんです。

夫は仕事を休んでまで、ねえ。
でも夫の職場では奥さんのギプスをとるのに病院についていくから休む、なんて人もいるくらいなのでイタリアではありえない話でもなさそうです。


そこで夫が私に話しよったのが、ヨーロッパ人のイタリア人苦手意識。
夫が学校の旅行でドイツに行った時のこと。
みんなでレストランに入って食事し、会計のために一人一人がお金を出してテーブルの上に置いて、合計の金額を用意しようとしていると、店員さんに警察を呼ばれそうになったらしいんです。
逃げられたりごまかされると困るから。

次に学校から行ったオーストリアでは、ホテルの受付の人にこう言われたそうです。
受付:「あなたたちイタリア人?」(イタリア語で)
夫たち:「Siiiiiiii(ハイ)!」
受付:「(嫌味っぽく)見れば分かります。イタリア人はいつも騒がしいから。」

トリノの友人も前に言ってました、ヨーロッパの中ではイタリア人ってあんまりいい印象を持たれてないって。

観光でなら大人気のイタリア!!
でもそこに住むイタリア人は、自分がイタリアで観光している時は陽気に見えていいのかもしれませんが、イタリア人が自分の国に来ると、ちょっとねえ、と思う人もいるらしいです、他のヨーロッパの国では。
ヨーロッパでは経済的にもかなり下位ですし...
もちろん人それぞれで、イタリア人に好印象を持っている人はいくらでもいるだろうし、苦手でもそれを押し出さないのがヨーロッパ人、なのだと私は思います。

スイスに近いイタリアでも、「イタリア人はねえ...」という同じくイタリア人もいるらしいんです。

いやー、私はオモシロいと信じてるんですけれど、イタリア人はどこにいても。
私がパリのユースホステルに泊まった時、朝になって同じ部屋のイタリア人女性2人がフランスのコーヒーは飲めやしないからと、キャンプ用のガスコンロでエスプレッソを作り始めたときの鮮烈さといったら!!
そしてそのエスプレッソを私たちにもくれた気前の良さ!

話はそれましたが、私の友人のほぼ夫のスイス人男性はイタリアはスキだよー、と言ってくれているらしいので安心です。
でも「イタリアは」ですけれどね。

まあ大なり小なり、近くの国、地域とはいろいろとあるもんですよね。

とりあえずは友達の結婚式がうまくいって、夫が彼の両親とフランス語会話を乗り切ってくれることを祈っています。
私は証人ですが、「ヤー」なんて結婚式では言わなくてもいいそうです。
第一、ジャーマンとスイスジャーマンはかなり違うからもしかしてスイスジャーマンでハイは「ヤー」ではないかもしれません...
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-05-08 18:16 | ME - 私