io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

イタリアに帰国!!

昨日の夕方イタリアに帰国しました!

関空から10:20発のルフトハンザに乗って...
いやいや、出発時間に登場してきた人が10人もいて、早くも暗雲が立ちこめておりました。
元々フランクフルトの空港でミラノ行きの飛行機への乗り継ぎ時間が1時間もなかったので、不安だったのですが、そこは正確なドイツ人、飛行時間の11時間50分をしっかり守ってくれ、フランクフルトに着いたのは16時でした。

もうちょっと飛ばすとか...できませんよねえ。

ミラノ行きの飛行機の搭乗時間は16時!!
到着ゲートはターミナル1のC14。次の飛行機はターミナル1のA16。
フランクフルトの空港は広いし、パスポートコントロールもまたまた手荷物検査もあるのでもはやダメかと思ったんですが、私、飛行機が着陸するやイタリアで培った「簡単にはあきらめない」精神を発揮しました。

飛行機を降りる段階から、「乗り継ぎの時間がないので先に通してください〜!!」と前にいた乗客に英語で叫び、空港内をなりふり構わず猛ダッシュ。
時間がないことをアピールしまくって少しでも先に進もうとしましたが、パスポートコントロールでは顔をこれでもかあああというほど確認され、手荷物検査ではドイツ人男性に順番を1番でもゆずってもらおうとしたら、「ボクも時間ないから。」と言いつつ彼は超マイペースで上着を脱いだり、手荷物をきっちりトレーに乗せたりし始め、やあ、ゲルマン系とはやはり合わないかも私...と思いました。

自分がまだこんなに走れたとは...と思うほどに走りまくって、A16に着いたのは16時20分。
でもどうやら出発時間が15分遅れていたらしく、まだ搭乗の時刻にもなっていないようでした。
気付けば私、汗だらけ。
今日はオマケに筋肉痛。

ミラノに無事着くと、私の荷物はもはやターンテーブルの周りに誰もいなくなってから1つだけポツーンと出てきました。
預けたのは2つですけど??
やっぱりねえ、乗り継ぎ時間が短かったせいでミラノに着いた荷物は1つだけ。
でも1つ着いたんだったらもう1つ着いてもよかったんじゃないでしょうか...

すぐにカウンターでもう1つの荷物を家に配送してもらえるように手続きをして、ようやく到着ホールに!
ってあれだけ豚インフルエンザとかで騒いでいるはずなのに、係員なんてひっとりもいないんです、イタリア!!
確かにフライトはドイツからですけれど、もうちょっと警戒してもいいはず。

夫の顔を見た瞬間、意識が遠のきそうになりましたが、何とか家まで到着したのが19時。
畳じゃない、タイル張りの我が家に違和感を感じた私。
たった11日日本にいただけで、頭の中はすっかり日本の生活にスイッチが切り替わっていたようです。

キレイ好きでは決してない夫は彼なりに相当がんばっていたらしいのですが、バスルームの掃除用スポンジがキッチンにあったのはどうしてでしょうか?
知らぬが仏、あえて聞きませんでした。こわいこわい。
色んなところがベタベタするのは気のせいでしょうか??

夫は家中8カ所に私へのメッセージを仕込んであって、さらには Guzziniのペアカップ(?)セット、グラスをプレゼントに選んでありました。
あのアルコールがダメな夫がシャンパンとイチゴを買ってあったり。
人は変わるもんですねえ、11日で!!
3キロ近く痩せた夫、色々アリガトウ。

ただでさえ長旅でフラフラしていた私はこのシャンパンでノックダウンされ、22時には寝てしまいました。
ちょっと前は飛行機大スキだったんですけれど、何なんでしょう、年齢のせい?
しばらくは乗りたくないですわ〜。

日本の家族には今回もお世話になりっぱなしで申し訳なかったのですが、帰れる家があるって本当にステキ!アリガトウ。
今度はイタリアで待ってます!!

日本の明るい電気に慣れた私、イタリアの間接照明に目がチカチカしております。
さらにはイタリアに戻ってきた実感もあまりなくってボケ倒しております。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-04-29 18:37 | ME - 私