io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

イタリア人との結婚手続き 後編 ~ ノヴァーラの場合

さて、今回は結婚後に必要な手続きについて記したいと思います。
いやあ、ここからが本番でした。

* La carta di soggiorno (滞在許可証) の申請      @ Questura (警察署)
申請に必要な書類等
・Certificato di matrimonio (コムーネ発行) *1
・Certificato del Casellario giudiziale (procura 発行) *2
・パスポートの写真、スタンプのあるページ全てのコピー
・marca da bollo 14,62 ユーロ
・写真4枚
・申請前に Questura で入手した所定の申請用紙 1枚
○ これら全ての書類のコピーが必要です。ただし申請用紙のコピーは2枚要。

*1 コムーネの Stato civile 発行。
*2 その地域管轄の Procura (検事局) 発行。
発行についてはパスポート、収入印紙 3,1 ユーロが必要です。
  申請3日後くらいに発行されます。

○ 地域によってはイタリア人と結婚していても Permesso di soggiorno を申請しないといけない場 合もあるようです。
 滞在許可証申請時には面倒でも一度前もって警察署に行って申請用紙をもらうと同時に必要書類の確認が大切だと思います。
 
* 婚姻届提出 (結婚後3ヶ月以内に)           @ 在ミラノ日本領事館
申請に必要な書類等
・戸籍謄本:2通
・婚姻登録証明書(COPIA INTEGRALE AUTENTICATA DELL'ATTO DI MATRIMONIO)、
または結婚証明書(CERTIFICATO DI MATRIMONIO):2通 *1
(婚姻後の日本の本籍をこれまでとは違う市区町村に設ける場合は、3通用意。) 

・外国人夫(又は妻)の国籍証明書(CERTIFICATO DI CITTADINANZA):2通 *2
(婚姻後の日本の本籍をこれまでとは違う市区町村に設ける場合は、3通用意)

・届出人を確認できる公文書(パスポート、イタリア政府機関発行の写真つき身分証明書)

*1 コムーネの Stato civile 発行
*2 コムーネの通常窓口発行
  発行には1通につき 14,62 ユーロ (現金で支払い) が必要でした。

○ 申請の際、届け出用紙に結婚相手の生年月日、出生地、両親の名前等を全て日本語 (カタカナ)
 で記入しないといけないので戸惑いました。

* Codice fiscale (税務番号) 取得      @ Agenzia delle entrate
申請に必要な書類等
・滞在許可証の申請用紙、そのコピー  *1
・パスポート

*1 滞在許可証を申請した時に控えとして申請用紙のコピーを警察署からもらいます。

○ お金が絡むやり取りをする時等に何かと聞かれることの多い codice fiscale。

* Tessera sanitaria (健康保険証) 取得 @ ASL
申請に必要な書類等
・滞在許可証の申請用紙
・パスポート
・codice fiscale

○ 申請時にはホームドクターも決めておきました。 (夫と同じ)
申請時は紙でできたカードですが、3ヶ月ほどするとプラスチック製のカードが届きます。
そこには codice fiscale もかかれていて大変便利。
 ホームドクターにかかる分には無料となる、重要なカードです。

ここまでが滞在許可証を申請するだけでできる手続きです。
ちなみにここまでの手続きをイタリアに入国後3ヶ月以内に行いました。

ここからは滞在許可証がながーい時間かかってできた後の手続きです。

* Dichiarazione di residenza (住居、住民登録)    @ コムーネ
申請に必要な書類等
・滞在許可証 原本
・パスポート
・結婚相手の身分証明書

○ 窓口の人が滞在許可証、パスポートのコピーをとってくれました。
 この届け出後、警察官が実際に届け出住所に住んでいるか確認にやって来て、だいたい1ヶ月後に は手続きが完了します。

* La carta d'identità (身分証明書) @ コムーネ
申請に必要な書類等
・滞在許可証 原本
・住居、住民登録完了の通知
・写真3枚

○ サインはアルファベットで。
 現金で 5,42 ユーロ支払いました。

私の場合は滞在許可証の原本がないと住民登録、身分証明書の発行がしてもらませんでした。
しかし職員によっては滞在許可証の申請用紙だけでもこの2つを行っているようです。
わかりません、何が真実か...ケムに撒きます、イタリア政府機関。


★ 今から思うと私がイタリアに来てすぐに夫にしつこく言われ、8日以内に警察署にイタリアに滞在 してますー、ということを届け出ました。
日本人は3ヶ月以内の観光ならビザもいらないし、私は必要ないと思ったんですけれど、実際に警察署に行ったら当然届け出てくださいよー、と言われました。

その時にはパスポートの、写真・スタンプのあるページ全てのコピー (スキですよねー、イタリア警察)、あとは警察署にある所定の用紙に記入してまたそのコピーをとって。

なかなか面倒ですが、全てをやっておくとスッキリしました。

★ ちなみに私はイタリアで健康保険証をもらえるまでの間、念のために日本で入った海外旅行用の保険を3ヶ月かけてありました。


全てが終わるまでは怒り、不安、気絶しかけ、など色々ありましたが、夫婦で一緒に自分たちでやることでなんだか終わった時にはとっても満足したのを覚えています。

それにしても一体誰に聞いたら正確なことを知っているのか、でも正確なことが自分が申請に行ったときの担当者の言い分と合致するのか、賭けでした...
基本的に女性職員の方がしっかりしていると思ったのは私だけでしょうかー。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-28 19:09 | ITALIA で結婚する