io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

突風とアラーキー

f0173324_2083373.jpg

今日は朝から晴れるには晴れておりますが...

突風が吹き荒れております、ノヴァーラ。
えーらーい風で洗濯物もミラノ辺りまで飛んで行くんではないかと思うほどです。


さて、昨日のイタリア VS ブラジルのサッカーの試合みなさんは観ましたか?

私は友達と電話で荒木経惟の会話で盛り上がっていたので後半だけ観たのですが、ブラジル人選手いつになくやる気でしたねー。
そしてイタリアは相変わらず...
後半はいつもの試合よりよかった気がしますが、ゴールを決められないのはいつもと同じ。
ドイツでは活躍してるのに、ルカ・トニ。

イタリア嫌いでブラジルチーム大スキの夫は大満足な試合でした。

しかしなぜ荒木経惟かといいますと、ヴェネトに住む友人ヴァレンティーナの美大の卒論のテーマが彼、だからなのです。
どうしてアラーキーかって?もちろん聞きました。
みんなが他の人を選んでて、残ったのがアラーキーしかなかったから...

世界的に有名な彼でもサイトなどはほとんど日本語。
なので私に助けを求めてくれたのです。
1年近くも悪戦苦闘しているもようでした。

卒論、トリノの友達も苦戦していましたが、こちらではきちんと本のように印刷してもらうんですよねー。
卒論はイタリア語で tesi (テージ[ズィに近い感じです])。
短い目のものは tesina (テズィーナ)。

手品に発音が近い感じですが、手品のようにそりゃあいろんなテクニックが必要なんでしょう、卒論には。
私はなにせ卒論書かずに卒業できたもんですから。

ええ、よくいわれます、卒業した意味がないって。

全くとりとめないですが、昨日の夜はこんな感じで時が流れて行きました。
あとは日本人の芸術家たちが世界的にもかなり飛躍している事実を二人の卒論からも確認できて、ちょっとうれしい気持ちになりました。
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-02-11 20:29 | ME - 私