io scelgo noi  日々イタリア、ピエモンテ

tuliomicia.exblog.jp
ブログトップ

寒中オルタ湖へ

年明け早々、けっこう寒いんですが、夫が、
「ねえねえ、オルタ湖に行きたいでしょ?」
とウレシそうに言いました。
断るのは非常にかわいそう。

というわけで行って参りました、オルタ湖。
6月に行ったっきり、約7ヶ月ぶりです。

ノヴァーラから電車で約50分。
Orta-Miasino 駅で電車を降りるとそこには雪で真っ白な街が私たちを待っていました。
すでにブルブルブルブル。
湖までテクテク歩いていくこと約20分。
f0173324_2232642.jpg

だーれもいません。
冬にはオルタ湖のゴシックな雰囲気がさらにゴシックさをましておりました。
さらに歩き続けること20分。
ようやくオルタの街に到着。
f0173324_2240157.jpg

こちらからはサン・ジュリオ島が見えます。
しかーし、だーれもいません。

いたのは不思議な鳥くらいです。
カモを見かけた夫はクワックワッとうれしそうに話しかけていましたが、もちろん返事はなく...
f0173324_22434642.jpg

今回、といっても7月くらいからだったらしいですけど、Arnaldo Pomodoro さんというアーティストの彫刻が街のいたるところに飾られていました。
1月9日くらいまでの展示だそうです。
f0173324_2246333.jpg

こちらが彼の作品の一つ。
そして写真の中のこの建物では巨大なプレゼーペが展示されていました。
あまりに寒かったので、あたたかい建物の中でじーっと熱心にプレゼーペを見ていた (フリ) 私たち。
そこにいたプレゼーペ職人の奥さんともちろん会話も弾ませ、ねばったものの、突然彼女に、じゃあさようなら、と言われ、渋々その場を去りました。

その後です、私に2009年初の悲劇が起こったのは!!!

バールに入ったもののあいにくトイレはなく、仕方なしに公衆トイレに行った私たち。
そこで...どのようになったどうなったかは敢えてご説明しませんが、
そしてショックではっきりとは覚えていませんが...
公衆トイレの中でこけたんです、私。

けっこう潔癖な私には相当にショックでそりゃあもうショックで...
トイレ、しかも公衆の、よりによってイタリアのトイレで!!!

普通にこけたではないことだけお伝えしたいと思います。

その後、私は超単純ですから、へこんだままあまり話す余裕もなくなってですねえ...
立ち直るまでに一晩かかりました。

いやあ、しかし、オルタ湖はいつ行ってもステキですー!!
まだ行かれたことのない方はぜひ一度。
ただし、公衆トイレにはお気をつけを!!

きゃあああああ、いまだにちょっと引きずっています...
[PR]
by ioscelgonoi | 2009-01-04 22:56 | ITALIA